真っ赤な陽を見た
d0020491_1885136.jpg
昨日の夜、仕事を早々に終わらせて、その足で登ってきました。
富士山に。

富士山登頂、というものは今まで興味はあれど
実行に移すほどの気持ちもなかったんです。

でも同じ部署の男6人で、「今年の夏、最後に行くか」と。
そういった時の「集」の力ってすごい。
一人じゃ踏み切れないことをぱーっと進めていける。


感想として、すごいよかったです。
無事、御来光前に山頂にたどり着くこともでき、
誰も大きな怪我もなく、しっかり目的を達成できた。
私の目の前に現れた太陽は、真っ赤に燃えていました。


にしても、本当に身体が痛い。
ホントに、足が棒のようです。
子供の頃、よく父親に山登りに連れて行かれていたので問題ないかと思っていましたが、日本一をなめていました。
6人全員が。


皆さんも、登頂を試みる際は
しっかりとした防寒と、登山用靴をそろえることをお勧めします。
でないと、私はそこまででもなかったですが痛い目遭うことこの上なし。

何はともあれ、良い夏の想い出になりました。
[PR]
by arittakewinds | 2009-08-29 18:10 | days
<< 写真142 夏の終わりは >>