夜空の下で
d0020491_1303576.jpg
近所に住む友人から連絡があった。

「ベッド捨てるの手伝って」

連絡というか、手伝いの願い、か。
まぁ、仕事終わりでいいなら、という条件付きで、友人宅に着いたのは23時半頃。

そんなこんなで、2人でソファベッドを粗大ゴミ捨て場(といっても家の目の前)に持っていき、ドスンと置くと、なんだかそれはそれでおもしろい図で。


2人でそのソファベッドに寝転がりながら、
ぼーっとしていた。

ちょっと、ぼーっとしすぎて蚊に刺される始末ではあったが、そんな、夜空の下で寝転がるということを、キャンプでもないのに、この東京のど真ん中でするということが、なんだか不思議な体験のようで。

たまにはこんなのもいいね。
こいつの上で寝転んで見上げることは、これが最後だなぁ。なんて。



横を通り過ぎる車の運転手や、帰宅途中のお兄さんとかが僕らを横目で見ていたが、
たまにはこんなのもいいね。と。



なんだか、無性に引っ越しがしたくなった夜。
そんな夜です。
[PR]
by arittakewinds | 2009-09-17 01:40 | days
<< 写真146 メモ159 >>