あなたのことは名前で呼びたい
d0020491_010253.jpg
と、大体いつも思っています。

私の中での、相手のことを、あなたのことを親しみを込めて呼ぶならば
あだ名ではなく、名字ではなく、名前で呼びたい。
と、大体いつも思ってます。

だからといっていつもすごい意識をしているわけではありません。
「この人とある一定のレベル打ち解けることができたな」と感じると
つい名前で呼ぶようになっていることが、多々ある。

この人のことを好きだなぁと思った時分から、
つい名前で呼ぶようになっていることが、多々あるんです。
もちろん例外もあるけれど。



なんてことを言いながら、
私自身はあまり名前で呼ばれることが多いとはいえないんだなぁ。
名字が少々あだ名にしやすかったり、あまり聞かない名字だったりするため、
名前よりも名字が先行することがあるのかもしれない。
この、Web上でいえば自分から全く違う名前で言っているし。


今度、何かでアカウント名をとるときは、
自分の名前でとってみよう。
そんなことを、なんだかふと、思ったんです。

子供が生まれたら、その子の名前でアカウントをとったんだ。
成人したら、そのアカウントをプレゼントするんだ。
といった話を少し前に見たのを、思い出したからだと思う。


名前ってすごいなって。
生まれて初めて、私たちが身につける言葉は、名前だから。
切っても切れない、外すことができない。名前。


相手のことを、あなたのことを、名前で呼びたい。
とかってひたすら言ってると、危ない人みたいですね。

あ、というか名前で呼ばれたいって願望の現れだったのかな、これは。
名前で呼んでもらえたら、ちょっと喜びます。たぶんね。
[PR]
by arittakewinds | 2010-01-11 00:22 | days
<< 写真174 写真173 >>