僕らはどこで季節を感じよう
d0020491_11493986.jpg
あなたはどんな時、季節を感じますか。

歩くだけで汗が吹き出るような気候を、
台風がさっと吹いていってしまったこの涼しさを感じながら、
今、自分で剥いた梨を食べています。
シャクシャクと音を、鳴らしながら。

2年に1度ほどのタイミングで、実家の母が地元の梨を送ってくれることがあります。
実家はサラリーマン家庭なのだけれど、山に囲まれた田舎のためまわりには梨園やぶどう園があり、秋を感じる時、それは母が剥いてくれた梨が高校から帰宅した時に出されたときなどでした。
リンゴよりも甘く、リンゴよりも瑞々しく、そして青々と緑を感じさせてくれる梨が、大好きでした。
いや、今も大好きです。


日本に四季があり、それぞれの季節に食べたいものがある。
とても、嬉しいことだなと、今改めて思うんです。
送ってくれた母に、感謝。
梨を育ててくれた農園の方に、感謝。
日本の四季に、感謝しよう。


他にはどんな時に、四季を感じるだろう。
地元の山々を思い出しながら、シャクシャクと梨を頬張っています。
食べ過ぎるとお腹を壊しかねないから、明日は少し会社に持っていこうかな。
気が向いたら、だけれど。
[PR]
by arittakewinds | 2010-09-26 11:50 | days
<< 写真202 写真201 >>