年を経る今日の日に
d0020491_1848466.jpg
今日で2010年といった1年が幕を閉じ、
数時間後には2011年という、新しい1年が、待っている。

年を経る、今日の日に。
皆さんは何を想い、誰を想い、何をしていますか。
私は、実家のコタツでテレビを家族と見ながら、
こう、キーボードを叩いています。カタカタと。
そろそろお皿出すのを手伝いなさいよと、母が言っている。
さっき食べたみかんの皮が、指を少し黄色く染めている。


昔から、ある程度放任主義でいてくれたことで、
今の、こんなにも適当な自分が形成されていったことは、
有り難くも、苦笑いが少し出てしまう。
もう少しぐらいは、しっかりしたいと、思っているんだよ。
まぁ、好きにやりなよ。と言ってくれるこの人たちがいるからね、
気持ちを改めるきっかけを持てたり、するんだよ。



いやー、外は、寒いです。
さっき洗濯物を、取り込んだ時に、感じたあの空気。
東京とは、違う空気。純度。わかるかな。

この家で迎える年の瀬、年明けは、何回目だろう。
来年も、ここで迎えるのかな。
東京で迎えるのかな。それは、わからないけれど。


思い返せばこの1年も、色々あって。
ものすごい多くの人に、出逢うことができて。
本当に、感謝。
大好きな人たちに、尊敬する人たちに、そして大事な人に。
沢山のことを吸収して、楽しんで、過ごすことができた1年。
来年も、また沢山の人たちと出会えたらなぁ。


色々あったよね、確かにね。
その中の、全てをとは言わないけれど、
ほんとうにだいじなものは、確かにそこに、あったんだなぁ。
それらは全て、完結なんかしていないんだと思う。
まだ途中なものばかり。ひとつひとつを、大事に明日へと繋げていこう。


とかなんとか言ってるうちに、
年越し蕎麦の、準備が進んできている模様。
上に乗せるネギに、ナルトを、切らないと。ね。
父親と、ビールの乾杯も、しないと。

それではみなさん、良いお年を。
[PR]
by arittakewinds | 2010-12-31 18:50 | days
<< これから 帰省と餅つきと >>