花見と帰省とマシンガンと
d0020491_044174.jpg
金曜日の夜、毎年恒例のお花見大会を経て、
二日酔いの頭の中、茨城は実家に帰省してきました。


震災後、初めての実家。
当時は被災地になったという話で心配していたのですが、
約1ヵ月が経った今は、その地震を忘れてしまったかのような家の中で。
家の周りも、思っていた以上に被害も感じられず、拍子抜けというのはこのことかもしれないな、と思ったり。思わなかったり。

でもまぁ、平和の大切さを、なんとなしに、身にしみて。
いやほんとにね、よかったね。なんて。


と、思うのも束の間。
私の半径数メートル以内だけが、まさに震源地といわんばかりの状況に。
母の、マシンガントークによって。
まさに、母のマシンガントークが止まらない。ズドドド。

当時の状況を身振り手振り加えながら語るその姿は、
まぁ息子にはわからないぐらいの緊張だったり、恐怖だったり、あったんだろうね。
そんな母も、父も、変わらず元気で。
帰省中に何度か起きた余震に対しても全く動じず。
母、強し。父、強し。とかなんとか。


帰りのバスも予約がいっぱいで、
どうにかとれた昼間の便で東京に帰ってきてしまったけれど。
今年は、夏にもう一度帰ろうと思うよ。
その時は、前日は飲み過ぎないように、します。
[PR]
by arittakewinds | 2011-04-11 00:06 | days
<< 写真219 写真218 >>