<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
母校の卒制展。
d0020491_1154591.jpg
先日、日曜日に六本木に降り立った。

大学の、母校の卒業制作展を観にいった。
六本木ヒルズの40階ということで、上がっていくと、
思った以上に人がいて、びっくり。

なるほどー。
といった感じ。


そういえば、先生にも数人会いました。
お久しぶりです。なんて。
学生課の人とかにも、どうもですー、なんて、ね。


色んな学科の、色んな卒業制作が一堂に会するって、すごいことだなぁと思った。
いろんな人が作った、色んなものが集まるなんて、こういった場か、スーパーだ。

中でも気になったのは、
新聞の大きさを新しくしましょう、みたいな。
その人のものは、新聞を現状の縦半分にしてしまうというもので、
しっかりと再現してあって、すごいなと。



やっぱりこういうのは、観にいくと楽しいですね。
他にも楽しい展示に行きたいものです。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-27 01:15 | days
なんだろこれは
d0020491_1195042.jpg
いやもう、ほんとね。
最近外食ばっかりで体に悪いんじゃない?って思う。


ちょっと前までは、さすがに朝は家でご飯食べてたのだけれど、
もう、眠かったりなんなりで、ついコンビニで買って~、みたいな。



まぁ、外食だから野菜食べないんだろう、とか。
外食だから栄養偏ってるんだろう、とか。
そんなことよりも大事なのは、ちゃんと食べることだなぁ、って、
最近思う。


ラーメンは、好きだけど頻繁に食べるものじゃない、かもしれない。
なんとなくだけど。


写メのラーメン屋 / ひるがお 新宿御苑店
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-22 01:22 | days
メモ114
d0020491_2104215.jpg
最近読んだ本を。
左から。


グッバイ・チョコレート・ヘヴン ~黒い穴編~ : 荒木スミシ 著

この人の本は初めて。あ、というか今回のエントリは全部初めて読んだ人かも。
なんとなく、この人は表紙を見て舞城王太郎的な感じなのかなと思い、購入。

まぁ、確かにそんな感じではあったかも。
でも少々勢いで書いた感を感じた。かな。
きっと、これは中学生あたりの子が読むとより気持ちが入るのかもしれない。
ちなみにこの本は、以前に幻冬舎より出版された
「グッバイ・チョコレート・ヘヴン」と「チョコレート・ヘヴン・ミント」の2冊を
再編集、改筆したもの、らしい。

バーチャルな小説です。




うれしい悲鳴をあげてくれ  : いしわたり淳治 著

高校生の頃からよく聴いてた元SUPERCARのメンバー、いしわたり淳治氏の著書。
エッセイとショートショートの複合本。

なんでこれを読もうと思ったんだろう。
確か、HALCALIのブログをたまたま見たら、コレ読んでるという記事があって、
へーそんなのあるんだ、読んでみようかな。みたいな流れで行き着いたはず。
あ、HALCALI の It's PARTY TIME! の PV は、なんか可愛いです。


ショートショートはどこかで読んだことあるような、ないような感じだが、
むしろだからこそ歌詞が書けるのかなと感じた。

エッセイの中でも特に“DANCE IN THE BOOOOOM”という題の記事が印象深い。
“木を見て森を見ず。”
肝に銘じたい。




まほろ駅前多田便利軒 : 三浦しをん 著

直木賞受賞作家の著者の、受賞作品。
古本屋できれいな状態で(しかもすっごい安く)置いてあったので、購入。

読む前はもっと違う雰囲気のものだと思っていたのだけれど、
思いのほかラフ。
男二人が便利屋で働きつつ、いろんな人と触れ合っていく、みたいな。
というか、まず登場人物の苗字が“行天(ぎょうてん)”という謎。
なんでそんな名前にしたんだろう。

色々調べてみると、この著者、BLが大好きだそう。
そう言われれば、なんとなく設定がそういう雰囲気があるかも。
まぁ、読んだことないから想像の範疇を超えないのだけれど。

連続ドラマとかに適してると思います。
まぁ、とりあえずあと2冊くらいはこの人の読んでみよう。




もう誘拐なんてしない : 東川篤哉 著

ミステリーというジャンル分けされているけれど、もっとゆるい作品。
狂言誘拐をすることになった大学生と女子高生のお話。
途中までは冒険!といった流れだけれど、
最後に近づくにつれ、ミステリー調がさすがに出てきていた。

が、種明かしが矢継ぎ早すぎて、ちょっと物足りなかった気分。
もう少し溜めた演出があってもよかったかも。

あと、エピローグ的な部分がもう少しあると嬉かった。

とかなんとか言いつつも、読みやすく電車の中とかでも
サラサラいける本です。




あと、最近漫画だと「よつばと」と「僕とポーク」を読了。
どちらもなんとなく食わず嫌いしてたけど、おもしろかったです。
「よつばと」は「団地ともお」に通じる何かがあり
(1,2巻しか読んでないからなんとも言えないけど)、
「僕とポーク」の表題作はまさに“泣かせる”話であり。

こちらも気になれば、是非。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-17 21:00 | memo
写真69
d0020491_2142532.jpg
小学生よりもはしゃぐ大人2人。あー、スノボ行きたいなぁ。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-17 20:57 | photo
グランマ
d0020491_0375790.jpg
今日は、我がグランマの喜寿ってことで、
親戚一同集まり、ご飯を食べてきました。


みんなでシャンパンで乾杯をして(お酒が飲めない従姉妹はジュース)、
まぁ、やんややんやと皆思い思いの話をしだしたのだけれど。


正直、私緊張していました。


後ろには、生まれて初めての
出張寿司が来ていたから。


あー、なんか、ちょっと、正直ドキドキした。
お店に、じゃなくて家に板前さんきてるんだもの。



美味しいお酒と、美味しいご飯で、いい感じでした。
とりあえず、まず自分は普通の寿司屋に気負いなく行けるようになってからだな、これは。


貴重な体験でした。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-11 00:38 | days
メモ113
d0020491_932775.gif
AXE WAKE-UP SERVICE INC.」 by AXE



今、ものすごい話題になってる(Web上で)コンテンツです。
やっぱりAXEはすごいなぁ、と思う。
こんなこと、考えなかった。
むしろ、できるの?って感じだった。


このコンテンツは、簡単に言うと

「Web上で指定した時刻に、自分の携帯電話にかわいい女の子からモーニングコールがかかってくるという無料サービスが受けられる」

というもの。
フレグランスの会社が行うコンテンツなのか!と思うけれど、
これはすごい。



試しにやってみたんだけれど、
まず予約画面で既に画面上の女性とリアルタイムで話をしているような感じでした。



今の技術を用いればたやすいことなのか、
かなり今の最先端技術なのか、
そのあたりがイマイチあやふやは私ですが、これは以後色んな会社が
こういったプロモーションを真似るのだろうなぁと感じました。


まぁ、まずは、お試しあれってことで。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-10 09:24 | memo
今日も雪がふった
d0020491_23391925.jpg
食べ物を買いに行こうと、
近所のスーパーに行くと、
帰り道は雪が降っていた。


やっぱり寒いものなぁ、なんて思っていると、
近所にある小学校の体育館から剣道の稽古の音。


あー、絶対足が痛いだろうなぁ。
なんて思いながら、なんだかいいなぁと思いました。


「練習」と「稽古」だったら、
後者の方がなんとなく好き、だなぁ。なんとなく。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-09 21:35 | days
南南東を向けー
d0020491_22223036.jpg
今日は節分だって、帰り道に気付いた。

雪が小降りになった頃に、意を決して本屋に行き、の帰り道。
でももう、その時は家のすぐ近くだったから、急いで近所のコンビニに行って買ってきた。

恵方巻。


無言でもごもごしながら食べてたら、幸せがくるって。
でも、なんだかその光景があんまり幸せじゃなさそうだった、なぁ。

いや、自分のことだから見えてなかったけど。
そうだ、今年は厄年だったんだ!
食べてよかったー。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-03 22:22 | days
写真68
d0020491_1630237.jpg
外で聴くのと、中で聴くのとじゃ、やっぱり違う、んだろうなぁ。
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-03 11:28 | photo
メモ112
d0020491_15362553.gif
tumblr を始めた。


これは、はてなブックマーク等のようでもあり、ブログのようでもあるブックマークブログです。
前からアカウントはとっていたんだけれど、
なんとなく使わずに放置していた。

それをついに使い始めてみた、といったわけなのだけれど、
いやはや、すごい使いやすい。
便利すぎてとても楽しい。

大体の機能としては、


・通常のブログ風の投稿
・写真の投稿
・引用して投稿
・リンクを投稿
・IMの会話を投稿
・ビデオを投稿


あたりなのだけれど、
やっぱり注目すべきは「引用」だと思う。
ちょっと気になったらボタンをポチっと押せば、もう反映されている。
気持ちいいです。

このブログでの memo と tumblr の区分けが自分でもよくわからないけれど、
まぁかなりパッと見みたいなものは全部 tumblr って感じかな。



もし気になった方がいたら、下記のリンク等を見ていただくと入りやすいかも

これから15分でtumblrを始めるための資料
シンプルなブログサービス「Tumblr」
[PR]
by arittakewinds | 2008-02-02 13:04 | memo