<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
メモ138
d0020491_21561289.jpg
ほんと最近、読んだ本のこと書いてなかった。
というわけで、少し紹介。

最近は、本屋に行くと、つい買わずに帰れないので、
ちょっと自粛しようかと思う今日この頃。
でも気になるからつい足がむいてしまうなぁ。


写真上から

男の隠れ家を持ってみた : 北尾トロ 著

以前読んだ「キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか」がすごく面白かったので、今回も期待して購入。
この人、ばかだなぁなんて思いながらあっさり読了。短いので、ほんとさらっと読めます。
にしても、なんてこのおっさんはチャーミングなんだろう。
なんとなく、なんとなくあった不安を解消するにはどんなことがいいのだろう。
といったところから“男の隠れ家”を手に入れてみるのだが、なんともうまくいかない。
そんな家庭、仕事場、隠れ家の三重生活の記録。

基本はシャイなおっさん。
自分の親戚にいたら、たぶん遊びに行きたいおじさんランキング1位だろうなぁ。

あと、表紙が福満しげゆき氏なのがちょっと面白い。




anmitsu book : フリースタイル刊

この本は、高校生たちが自分たちだけで発行しているフリーペーパーをまとめた本です。
予備知識なしで注文してから読んだのだけれど、びっくりした。
このフリーペーパーの初代編集長は、私よりも年下で、まだ大学生なのだ。

そんな若い人間が世の中にはたくさんいて、
社会人な自分たちよりもすごい活き活きと(って、これじゃ私達が活き活きとしていないみたいだけど、それはまた違う)活動しているって、いいな、羨ましいなと単純に感じました。

未だに本物に出くわしたことはないので、
見かけたときには是非、手にとってみたいと思う。




修学旅行は終わらない : 村崎友 著

この本は小説です。
ダ・ヴィンチという文芸雑誌(?)があるのだが、
そこが若手作家の作品を文庫化し、出版する企画第2弾の1冊。

なぜこの本を手に取ったか。
その理由の1つが、私は高校時代に修学旅行を経験していないのだ。
私の出身校は、先代たちの偉業によって、修学旅行が廃止されてしまっていて、
毎年全校生徒によるアンケートでも復活が叫ばれていたのだが、叶わずでした。

ということもあり、羨ましさと、経験していないのに感じる懐かしさをもって読みました。


期待していた以上にテンポよく話が進むため、とても楽しみながら読めました。
さまざまな人物の視点から1晩の出来事が進んでいく構成。

いいなー、本当に。修学旅行。
今からでもいい。修学旅行がしたいのだ。

と思っていたら、前出北尾トロ氏が「もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ」という本を出していた。
ちょっと、北尾さん、シンクロしすぎじゃないですか。




海街diary2 真昼の月 : 吉田秋生 著

この本は漫画です。以前に1巻を購入していたので、待った2巻目、といったところ。
基本はこれ少女マンガです。
けど、全然誰が読んでも楽しめる作品だと思う。

それにしても、この漫画はいいです。
Amazonでのレビューにもあったのだが、「向田邦子のよう」という例えはかなり上手いなー。
このちょっとどろっとした家族の絡みはまさに、です。

話が上手いな、と。
漫画でよかったなー、これ。ほんと。
もし小説だったら、「なんか向田邦子っぽいよね、ふーん」ぐらいになっちゃうところが、
あれ、なんだかこの感じって、、、とひっかかりを持てる。
漫画のいいところはイメージを読者にダイレクトに伝えてくれるところだよね。

鎌倉に遊びに行きたい。




「 それからはスープのことばかり考えて暮らした : 吉田篤弘 著 」

この本は小説です。
最近、前回レビューでも「巴里の空の下~」を書いたのだが、
美味しいものが出てくる話はどうしても好きです。
美味しいものが食べたくなるし、読んでる最中も気持ちが前のめりになる。

以前著者の「つむじ風食堂の夜」を読んだ時にも感じたのだが、
彼の書く話からはすごいスローな印象を受ける。
読んでいるこっちはペースは一緒なのに、他よりもゆっくりな感覚。

そういうのって、すごいよね。
だれてるとか、遅いのではなくて、ゆっくり、なの。

スープが飲みたくなります、って言いたいところだけれど、
それよりも劇中に登場するサンドウィッチの方がもっと食べたい。


「暮しの手帖」での連載をまとめたというのも納得な、美味しい小説でした。



そういえば、最近は初めて「文藝」を買いました。
ほんと、あれってお得ですね。いち早く文藝賞作品等が読めるので。
ちなみに特集は柴崎友香さんでした。


ながーくなっちゃった。
まぁ、いっか。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-26 22:05 | memo
二日酔い
d0020491_15275369.jpg
会社の先輩たちと、恵比寿の鉄板鍋「きのした」に行ってきました。
なんでも、TKOの木下氏の兄が経営する店だとか。
ほんとに美味しかった。

この店に行こうという話になった数日後に、
堂本剛の正直しんどい」を見ていたら紹介されていたりして、
人気店みたいです。



それにしても、みんなで散々お酒を飲んで、飲みすぎて、


今日はほんと二日酔い。
グロッキーすぎる。


あ、あと、酔っ払いからの電話とか、ほんとないよねー。
と常々思っているくせに、ほんと、自分うぜー、でした。
すんません。



今日はお昼から神保町に美味しいカレーを食べに行くということで
向かうも日曜はお店がやっていなかったようで、残念。
土曜はやっているようなので、次はリベンジしたいとこ。
焼きりんごも食べたい。
d0020491_15282158.jpg

他を探して辿り着いた「エチオピア」の野菜カレー。
美味しかったのだけれど、グロッキーすぎてかなり残してしまった。
かなり悔やまれる。

recoさん、次回は万全の状態で臨みますんで!
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-26 18:41 | days
写真82
d0020491_10314628.jpg
1週間突然休みになって、旅行とか出来ないだろうか。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-19 09:46 | photo
メモ137
d0020491_10151879.jpg
僕らのミライへ逆回転 (原題:BE KIND REWIND)



観てきました。ミッシェル・ゴンドリーの新作。
あー、まさにゴンドリー。といった印象の場面場面。
おもしろかったです。


映画を見終わった瞬間、
嗚呼これは今の「You Tube」的文化に対するゴンドリーからの手紙だなぁ。
おもしろいと感じるものは、きっと誰からも作り出せるし、そのキッカケはなんでもいいんだよ、と。
それは内輪ウケでもおもしろければ本気でやろうよ、もちろん誰が見てもおもしろいものだって、それは作れるんだよ。と。

そんな風に勝手に感じて、ED中ぼーっとしてた。


エンディングといえば、この映画の最後。
まさに美しき定石といった形で締め括られるのだが、それがまたよかった。
きっとこれが前半部分のままのコメディタッチままのノリだったら印象が大きく違ったんだろうなぁ。
商店街やビデオテープ、アナログな手法たちの終わり、終焉を描いていて、でも観てれば観てるほど、まだいけるんじゃないかなぁとも感じた。



いやほんと、おもしろかったです。
手法、というか見た目はゴンドリーなのだけれど、「エターナル・サンシャイン」や「恋愛睡眠のすすめ」とはまた全然違ったゴンドリー。
そんなこの映画、気になる方は是非。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-19 00:26 | memo
風邪ぎみ
d0020491_116917.jpg
「やばいなー、乗り遅れちゃうかも」
なんて言いながら先輩と地下鉄の駅目指して走ったら、

むせてかなり苦しかった。
鼻が詰まっているところでのこれはかなりの拷問だった。



息を切らして辿り着くと、目の前で電車が発車していた。
終電の一本前だった。


「全然余裕だったじゃないすか」
といった笑おうとしたらまたむせた。
鼻が詰まっているところでのこれは、かなりの拷問だった。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-17 01:18 | days
メモ136
d0020491_21341248.jpg
Genius Party BEYOND


観てきました。
六本木シネマート。六本木って、ヴァージンだけじゃなかったんですね。知らなかった。

これは、STUDIO4℃というアニメ制作集団が送る、短編アニメーション集です。
じゃあSTUDIO4℃ってどんなところ?っていうと、
最近だと「鉄コン筋クリート」や「マインド・ゲーム」などが有名。
ちなみに今回のこの映画、第2弾ということで、去年第1弾がありました。


今回の感想は、ちょっと個人的には好みではなかった、かな。
それぞれの監督が思い思いにやりたいことをやっていて、おもしろいものではあったのだけれど。


なんだろう、「会話」がもっと欲しかったかな。
今回観たことですごい感じたのが、私は「会話」があるものが好きだということ。
結構自身が口下手で、だめなところがあるのだが、それでもやっぱり「会話」は大事だよね、と。

音楽だけ、インストのものをずっと聴いてると、やっぱり眠くなっちゃう。
ラジオみたいに、曲と曲の間に誰かの「会話」があると、そこで戻ってきて、眠らないでずっと聴いていることができる。
そんな感じ。

だらだら同じようなことを繰り返して話している人も、聞いてると眠くなる。
(会議中に誰かが言ったことを、ほぼ同じ言葉で繰り返す人がいるけど、ほんとそれ)



とまぁ、文句ばかりみたいに書いてはいるけれど、
実際は結構楽しみました。
やっぱりクオリティは高いので、動く動く。それだけでも気持ちいい。
個人的には中澤一登氏の「MOON DRIVE」が一番よかったかな。

- 脳内麻薬 体感アニメーション -
と呼んでいるが、まさにそんな感じの80分でした。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-13 21:42 | memo
写真81
d0020491_21405179.jpg
最近、過ごしやすい気温になってきました、ね。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-13 21:24 | photo
メモ135
d0020491_10412.jpg
「 コドモのコドモ 」


観てきました。今日もレイトショー。
最近思うのだけれど、レイトショーぐらいは少し値引きしてくれたっていいじゃない。
人が少なくて快適だから良いのだけれど。


この映画は、まさに和製「JUNO」であり、映画版「14歳の母」といった系統のものなのだが、1つ全く違うなぁといった部分があった。
それは、この映画は全てを通して寓話である。といったことだ。

まず11歳の女の子が出産するまで親や周りが気付かないわけがない。
おなかのぽっこり具合って、ただの肥満とは、違うもの。
でもまぁ、寓話だからこそ描けるその現実よりもちょっとずれた感がこの映画を魅力的にしてるかなぁ、と。


あとは主演の女の子の口調がいいアクセントになっていてよかったです。
「みんな死ねだし」、「むかつくし」といった「~だし」口調。
いたよなぁ、そういう変な言葉遣いの子。懐かしい感じ。

そういえば、子供のころ、よく「死ね」って言葉を「しげ」っていう人いませんでした?
誰かがそれを言うたびに違和感をすごい感じていたのを思い出しました。
方言とかそういうレベルの変換じゃないだろう、あれは。
なんだったんだろう。



とりあえず、さそうあきら氏の漫画は「神童」しか読んだことがないので、
原作を読みたくなりました。

公開したばかり。まだまだ公開中です。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-12 00:59 | memo
TGS
d0020491_0455298.jpg
行ってきました。木曜日のビジネスデーで。

東京ゲームショウ2008



初めての参戦ということで、かなり緊張しましたが、
会場はそんなこともなく、安心しながら、ドキドキしながら見て回ることができました。
(すっごい人が多いかも、とか、みんなスーツばっかりなんじゃないか、とか色々思ってた)


でも本当に、会場はゲームばっかり。
ゲーム機を持っていない、ソフトを自分で買ったことのない私からすれば、
もう何がなんだかわからない空間ではあったのだけれど、
それでも楽しめたってことは、やっぱり『ゲーム』ってすごい。


友人に、とってもゲームが好きなやつがいて、
彼が来たらきっと自分の何倍も楽しめるのかもしれないなぁ、なんて
思っていたら、目の前によゐこの濱口氏が立っていてびっくりしたり、驚きの連続。



とても楽しかったです。
明日もやっているようなので、興味のある方は、是非。

続きはこちら
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-12 00:52 | days
溢れんばかりの
d0020491_745993.jpg
水を買って、いざ飲もうとしたら、もう、ほんとなみなみと入っていた。
というか少し表面張力かかってるぐらい、じゃない?

びっくりしてつい写メ撮っちゃいました。
[PR]
by arittakewinds | 2008-10-03 07:05 | days