メモ194
d0020491_8434035.jpg
婚前特急


日曜日に観てきました。テアトル新宿。
よかったです。
というか、吉高由里子がすごくかわいかった。
そこに、尽きるかもしれない。


男性5人と交際を続けており、それを是とする主人公。
そんな彼女が、親友の結婚をきっかけに、気持ちと身辺を整理していこうとする。
と、そんな話。

5人と同時に付き合うって、どういう気持ちなのだろう。
そんなたいそうなこと、できるような人間でもないし、願望もないけれど、
でももし、自分がそんな状況になったとしたら。
私が、5人の女性と同時に付き合う状況に、なったとしたら。


無理だろうなぁ。と、思ってしまった。
きっと、すぐに半分以上の女性にバレてしまうと思う。
何かしらをキッカケに、すぐに。顔に出ちゃうかもしれないね。
相手は、1人が良いです。本当にね。


映画の中で引っかかったのが、「査定」という言葉。
5人の男性を、順に査定していく、というその流れ。
いやほんとに、怖いなー、と。残酷すぎるよ、その行為。
自分はどうなのだろう。いや、査定すらされてもないだろうな。
なんて思いながら観ていました。

どこの会社でもそうだけれど、
査定というものがあって、それによって給料だったり、役職が変わったりするじゃないですか。
そういった場面以外で、査定って受けたこと、ないよなぁ。
他に査定って、どんな場面であるのだろう。
よく聞くのは、車の査定。
といっても、車は持っていないので経験もない。
今はなくても、今後、将来あるのかなぁ。家とかね。
出来ることならば、ネガティブなものではなく、わくわくする、そんな査定を受けたいものです。


あと最後にね、スクーターに乗りたくなった。
バイクに乗ったことって、ほとんどないのだけれど、作中で吉高由里子が乗るスクーター姿がなんとも言えずよかった。加えて衣装も、よかった。
先日のSOMEWHEREに引き続き、衣装さんが素敵な映画にこう何度も出会えるのは、嬉しいですね。

上映館数はそこまで多くはないけれど、
きっと深く考えすぎず、あははと言いながら観ることができる、わかりやすい映画でした。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-29 08:46 | memo
写真221
d0020491_11432286.jpg
朝、玄関を開けると、いつも見える風景
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-24 11:43 | photo
メモ193
d0020491_1139102.jpg
まほろ駅前多田便利軒


公開初日ということで、観てきました。
原作を、以前読んでいたこともあって
「あ、この場面はこんな風にしているのか」
「お、あの場面はカットされているんだな」
など、そんなことを思いながら、観ていました。
事前知識があるのとないのとでは、いつものことですが
見え方が違いますね。できればもっと、ニュートラルに何でも観たいものです。

ちなみに、音楽はくるりの岸田繁さん。ライブ行きたい。


この映画は、一種の共同生活もの、でした。
男2人が久々に出会い、過ごし、離れ、また共に過ごしていく。
これが男女だったらね、ラブストーリーですね。
でもこれは、男同士の話だったり、するんだなぁ。
といっても、そういった話では、決してないんです。
なんとなく、その人にとって、観た人にとっては、そう思えなくもない、そんな流れがあったかな、と。最近多いしね。


先日、会社の先輩が貸してくれた漫画に
よしながふみさんの「きのう何食べた?」というものがありました。
読んでいくうちに、自分も自炊したくなってくるなぁ、なんて。
思えるような、そんなゆるい話でありながら、何故か主人公2人は男性で、恋人同士。そこに、何の必然性があったのだろう、とか考えたりもしたけれど、特にないのではないのかな。と思い、最後まで読み進めてしまったり。
それは、作者がそういった設定が得意だったのだろうし、
読者もなんとなくそんな「一見普通じゃなさそう」なものが、好きだったから、
だから、この漫画も、そしてこの映画の設定も、普通に受け入れられてるんじゃないかな。


印象的だったのは、中華料理屋のシーン。
小学生の男の子と主人公2人が、餃子1枚をつつくところがあるのだけれど。
その餃子がそこまで美味しくなさそうだったところが、ものすごく食欲をかき立てたんだなぁ。
あれよりもっと美味そうな、もっと焼けた、肉汁の出てきそうな、そんな餃子が食べたい。
そう、思った。
結局その後合流した友人とホルモン焼きを食べにいったのだけれど。



原作、どこに行ったかなと思い本棚を探したのだけれど、
よく考えたら今の家への引っ越しの際に古本屋に出しちゃったのだった。
実は続編が出ているらしく、それを今度読んでみようかな。

隣りに座っていた女性が、何度も「あ、松田龍平かっこいい、、」とつぶやいていて
それが気になっちゃったりした、そんな映画でした。
関係ないか。

公開始まったばかりということで、興味ある方は是非。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-24 11:40 | memo
写真220
d0020491_7393641.jpg
黄色い階段が、思った以上に綺麗だった
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-17 14:05 | photo
今日か明日は、きっと満月だから
d0020491_14112987.jpg
昨日の晩、展示と映画のことを思い返しながらキーボードを叩いていた時に
窓の外を見ると、ほんの少しだけ欠けた月が見えて。
きっと、明日か明後日は満月だろうな。なんて。
想ったりしていました。


その時分に書いたエントリは、
夜中に書いた手紙ばりに恥ずかしいものだったので、
こちらのエントリに代えさせて頂こう、と。
まぁ、本当に夜中に書いたのだから、比喩ではないのだけれど。



明日、4月18日をもって27歳になる。
上京して8年。このブログを始めて6年が過ぎた。
そうやって振り返ってみると、結構な長さと早さが、沁みるなぁ。

去年の4月、どんなことを書いていたっけ、と読み返してみると、
まぁいつも通り他愛もないことばかり書いていて。
進歩してないですね。いやはや、参った。
明日からの1年、どんと構えていこう。


いつも持ち歩いているモレスキン。
以前使っていたものはもうボロボロになり、新しい1冊に。
前回も書いたけれど、手で、もっと書いていきたいですね。
なにしろ、根がアナログなので。
写真も、フィルムが性に合ってます。下手だけれど。



今日、満月になるのかな。どうだろう。
できたら、明日の夜、満月を眺めながら自転車を漕いだりしたいな。
よそ見しすぎないように、気をつけながら。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-17 13:58 | days
メモ192
d0020491_0303484.jpg
SOMEWHERE


やっと観てきました。観たい観たいと思いつつ、やっと。
「ロストイントランスレーション」のソフィア・コッポラ監督最新作。
とても、よかったです。
また、よく考えると久々に邦画以外を観たな、と。
「ソーシャルネットワーク」以来かもしれない。


この映画は、父親と娘、その2人が過ごした短い時間を軸にした話。
私自身、まだ結婚もしていなければ、もちろん子供もいないので
頭の中で想像したりしながら、物語を追いかけていました。


父親と、娘の関係ってどんなものなのだろう。
私には妹が1人いて、彼女と父は、どんなことを2人で話したりしていたのだろう。
妹が、娘を演じたエル・ファニング( 最高にキュート!)と同じ11歳だった頃。
私は14歳の、中学生。
剣道に明け暮れていた、あの頃。
父と妹についてなんて、考えたこともなかった。なぁ。
妹は反抗期とか、だったりしたのかな。もう少し、後だったのかもしれない。


物語の中で、娘は反抗期など微塵も感じさせず、
とても落ち着いた、できた子供を演じていたように思う。

例えば、朝起きると知らない女性が部屋にいて、朝ご飯を一緒に食べている。
それでも父親には何も言わない。少し、反抗的な目つきをするけれど。それも一瞬のうちに消えてしまう。
父親は、そのことについて何も口にしないし、ばつが悪そうで、できない。

なんだかね、不安になっちゃった。観ていて。
主人公である父親の、倦怠感やら空虚感みたいな部分と、
まだ大人になりきれていないというか、どこか子供な部分が、どうしようもなくて。


カードゲームをして、卓球をして、プールに入って、云々。
初めて一気に、一緒に遊んだ娘は、父親は、どんな気持ちになるのだろう。
なんだかね、想像したら不安になっちゃったんだなぁ。
だからね、後半の車の中でのシークェンスで安心したんです。
だってそうだよね。そりゃそうだよ。って。
観ていない人には、なんのこっちゃなくだりになってしまって。ごめんなさい。


観ている中で、驚きだったのは
車のトランクに位置する部分が、主人公の乗るフェラーリは前についていたこと。
最初、エンストでエンジンを見るのかと思った。
車を降りて、フロントガラスの前の部分を持ち上げて、荷物を取り出した、あの瞬間。
思ったよね。LAって、違うわ。と。
でも、そんな私の驚きをさらに覆したのは、ラスト前に出てくるタクシーのトランクは、私もよく見知っているつくりだったということ。


主人公のスティーヴン・ドーフはかっこいいし、
娘役のエル・ファニングは可愛すぎるしで、
ソフィア・コッポラのこの独特な作風に絡み合う
キャスティングの成功具合に感服するだけでも、価値がありそうな、
そして最後には心にグッとくる、そんな映画でした。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-17 00:53 | memo
メモ191
d0020491_025530.jpg
ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー


石川県は金沢の金沢21世紀美術館で展示が行われ、
巡回展ということで、東京オペラシティにやってきた本展示を観てきました。
とてもよかったです。

ホンマタカシ氏の展示を観るのはこれが初めて。
雑誌や広告などではよく氏の写真に触れることは多いものの、
単純に彼の写真のみ、に出会うことは、多くなくて。
まぁ、写真展自体も、ここ数年めっきり足を運ばなくなってしまっていたのだけれど。


印象的だったのは、「Tokyo and My Daughter」という作品群。
自身の娘ではない子を被写体に、
氏の撮影と、本来の家族が彼女を捉えた写真を織り交ぜながら展示されているこの作品は、何とも言えない読後感というか、なんというか。
あー、ポートレイトって、なんなのだろう。なんて。


私自身、下手の横好きでちょいちょいカメラを握るのですが
未だにポートレイト、つまり人物写真が上手く撮れたと思えたことがない、ような気がする。
稀にね、思ってもみなかったようなものが写っていたりはするけれど、それはまた別のお話。
そんなとき、考えていることが1つだけあって。

「 写っていれば、全てが成功 」

これが、私の中の写真ルール。
なーんにも写っていなかったら、さすがに失敗だけれど。
何かしら写っていれば、そこから色々想像すれば良いのだから。良いよね。
たまに、写真展とか観に行っても「 え、これ失敗じゃないの? 」と思ってしまうような作品って、あるじゃないですか。
なんだかそんなとき、自分の写真ルールと同じような考えなのかしら、なんて思ってしまったりする。
おこがましすぎて、後で振り返ると恥ずかしくなりますが。

そういえば、先日会社の人たちと行ったお花見の写真。
ちゃんと現像したら、写っているだろうか。真っ暗だったから、写っていないかも。



横道ずれてしまいましたが、当展示、思っていたよりも展示数多く、1人でゆったり観ることができました。
先日始まったばかり。6/26までと、まだまだ余裕があります。
興味のある方は、是非足を運んでみて下さい。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-17 00:28 | memo
写真219
d0020491_046827.jpg
森が、はみ出てる
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-11 00:46 | photo
花見と帰省とマシンガンと
d0020491_044174.jpg
金曜日の夜、毎年恒例のお花見大会を経て、
二日酔いの頭の中、茨城は実家に帰省してきました。


震災後、初めての実家。
当時は被災地になったという話で心配していたのですが、
約1ヵ月が経った今は、その地震を忘れてしまったかのような家の中で。
家の周りも、思っていた以上に被害も感じられず、拍子抜けというのはこのことかもしれないな、と思ったり。思わなかったり。

でもまぁ、平和の大切さを、なんとなしに、身にしみて。
いやほんとにね、よかったね。なんて。


と、思うのも束の間。
私の半径数メートル以内だけが、まさに震源地といわんばかりの状況に。
母の、マシンガントークによって。
まさに、母のマシンガントークが止まらない。ズドドド。

当時の状況を身振り手振り加えながら語るその姿は、
まぁ息子にはわからないぐらいの緊張だったり、恐怖だったり、あったんだろうね。
そんな母も、父も、変わらず元気で。
帰省中に何度か起きた余震に対しても全く動じず。
母、強し。父、強し。とかなんとか。


帰りのバスも予約がいっぱいで、
どうにかとれた昼間の便で東京に帰ってきてしまったけれど。
今年は、夏にもう一度帰ろうと思うよ。
その時は、前日は飲み過ぎないように、します。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-11 00:06 | days
写真218
d0020491_1373888.jpg
ちゃんと写ってるかな?なんて言いながら、そのあと確認してた。んだと思う。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-06 01:38 | photo
美食に魅せられて
d0020491_14880.jpg
ご飯が好きです。
中でも、美味しいご飯。つまり美食が大好きです。

この週末、美味しいご飯を食べに、隣町やら別の町へ繰り出していました。
土曜は下北沢の「 sunaga 」さん。
日曜は中目黒の「 La Boucherie du Buppa 」さん。
どちらも、とても素敵な、美味しいお店でした。


皆さんご存知の内容だけれど、
美味しいご飯と書いて、美食(びしょく)と読んだり、読まなかったり。
私は、数人の友人たちとよく「美食研究」と称し、食べたいものを
ただひたすら食べるといったことを、行っていて。
平日も、休日も、美味しいものがあれば、まずは参上。
今回は、日曜日がそれにあたった。


美味しいご飯は、正義だ。
そう思う。美食、イコール、ジャスティス。とかね。
英語は苦手だけれど、言ってしまう。


土曜日に食べた、イベリコ豚の生ハムや、チーズおこげのリゾットなども
これまた琴線を刺激する料理だった。
あの店から、歩いてすぐのところにも、とても美味しいお店があるらしい。
今度は、そこにも行ってみようよ。

日曜日に食べた、ジビエの盛り合わせは、今まで食べたことのない肉もあり
不思議な体験だった。
鹿やイノシシやら、様々な獣の肉を、食べたりするんだなぁ。


美味しいご飯を食べるとき、1つだけ、あると思うんです。秘訣が。
大事な人、大好きな人、そんな人と一緒に食べる食事が、
最も美食になるのではないのかな。
そう、思うんです。内田樹さんも、言っていた。
だから、私はこの土日、満足、することができたんだと思う。
本当に、大事な人。大好きな人。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-06 01:24 | days
写真217
d0020491_1446886.jpg
何か構図とっている、つもり
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-03 14:46 | photo
3月が終わり、4月になって
d0020491_058884.jpg
今日で3月が終わり、社会人4年目が終わる。
つまり、明日からは5年生だ。

何かに属して5年目って、小学生以来だよね。
ミニ四駆だったりプラモデルだったり、そういったものにしか興味がなかったあの頃。
私は、何を考えて生きていたのだろう。なんて。
思い出そうとしてもわからないのだけれど。

きっと、ミニ四駆をもっと速く走らせたい。
きっと、プラモデルをもっと綺麗に作り上げたい。
そんなことを、考えていたんだと思う。
TVチャンピオンとかね、見ていたんだよ。


じゃあ今は、何を考えているのか。
少しぐらいは、考えていることが多くなったかもしれない。
少しぐらいは、下世話なことやどうしようもないことも考えたりしてる。
なぜなら、もう年齢的には大人だから。


とかなんとか書いているうちに、日付が変わってもう4月に。
晴れて、社会人5年生になりました。
みなさん、引き続きどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-04-01 00:58 | days
写真216
d0020491_23585289.jpg
潮が満ちる前に、正面から
[PR]
# by arittakewinds | 2011-03-27 23:59 | photo
写真215
d0020491_8514352.jpg
こういう長い階段とか、結構好きだったりして。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-03-26 08:52 | photo