写真206
d0020491_995692.jpg
地元の、母校の近くに、昔からある
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-29 09:10 | photo
生きていればこそ
d0020491_9511766.jpg
楽しいことも、辛いことも、何でも体験することができるんだって。
そう思うことが、稀にある。ないかな。ないよな。


私はよく、飲んだその足で歩いて帰ることがあるのだけれど、
自分の中でそこまで酔っていないつもりでも、すごく眠くてふらふらしていることが、あるんです。
たぶんね。
1人で歩いているから、何とも言えない。

そんなふらふらで歩いていると、
我に還った瞬間に、車道に身体が出ていることが、稀にあって。
深夜、車の通りが少なくなっている時分だからこそ、生きているけれど。


本当にね。
危ない危ない。
昨晩も、それをしていて、ね。
だから、書いてしまった。


注意して、日々を生きていこう。
今日も五体満足に、感謝しよう。
なんて、柄にもない。

今日は、だらだら家でゆっくりしたいと、そう思うんです。
みなさんも、良い週末を。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-29 09:07 | days
メモ188
d0020491_8591556.jpg
ソーシャルネットワーク


観てきました。話題のあの、映画。
会社の、部署のみんなで仕事終わりに。先週の頭、ぐらいかな。
仕事でも、よく触れるものが題材だから。


おもしろかったです。
単純に映画としてもおもしろかったということもあるのだけれど、
私たちの知っている、そのfacebookというそれが、どういった流れで今に至るのか、いくらかフィクションは含まれながらも、描かれている。
ドキドキしながらね、観ていました。


冒頭、長回しのシークェンスがとてもよかった。
ひとって、こんな風に空回ったり、こじれたり、するんだなぁ。なんて。
それぞれの先読みと、優越感、劣等感、そしてそれから生まれるズレなどなど様々な感情が、そこには詰まっていて。
きっとこの場面を観ている時に私たちは、つい口に出してしまうと思う。
「あーあ」と。
頭のいい人、回転が早すぎる人、けれど、コミュニケーションが苦手。
だから、思ってしまうんだと思うんです。
「あーあ」ってね。


私は、どちらかというと日々回転がゆるい方で。
テンポ遅れて動いてしまうことが多いので、逆のことがよくあるのだけれど、みなさんは、どうだろうか。
自分そうかも、と思うかも。
あの人そうかも、と思うかも。
ちょっと違うけれど、あれはどう言い例えればいいのだろう、と思うかも。

きっとね、ヒトそれぞれでいいと思う。
ヒトそれぞれが、いいと思うんです。
だからこそ、この映画の主人公に、みんなが注目し、次はどんなことをしてしまうのだろう、なんてことを思うことができるのだから。
ヒトそれぞれだから、愛おしく感じていくんだと思うんです。
でもね、それは、自分だけでいいから、理解して臨まないといけない。
まわりに迷惑をかけてしまうのは、よくないんだよ。



私の友人も言っていたのだけれど、
映画の中での彼、マーク・ザッカーバーグは、ヒトと繋がりたくて仕様がなかった。
けれど、繋がれなくなってしまったヒトがいる。
自分が生み出したもの、その結果に。
だからこそとる、あの最後の行動に、私はグッときたし、涙が出るかと思った。思いました。


私たちは、今この世の中で、ソーシャルとかなんとか呼ばれるもので繋がっているのだけれど、完璧な世の中はやっぱりなくて。
そこには、私とあなたと、私たちのそのまわりを形成する何ものかが、常に変化をしているから。
でもだから、楽しいよね。きっと。
今日も、何かが起きるかもしれないよ。
そんな夢見がちで、日々動き出していけるんじゃないのかな。



きっと元ネタに興味が無い方には、一歩踏み込むことに勇気がいるかもしれない本作。
けれど、単純に映画として、物語として楽しむことができる作品だと思います。
興味があれば、是非。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-29 09:05 | memo
写真205
d0020491_18215829.jpg
顔を出して、大きな声で、吠えていた
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-16 18:22 | photo
メモ187
d0020491_12223529.jpg
酔いがさめたら、うちに帰ろう


新宿で観てきました。シネマート新宿。
観たいと思っていたのですが、一度機を逸してしまい、再上映といった形、なのかな。ちょうどよい時間だったので、ふらっと。

よかったです。
また、浅野忠信と永作博美。両名の演技がとても。


この映画は、原作である鴨志田穣氏の自伝小説をもとにされていて、
その中では「アルコール依存症」という病気が話の全体を覆っています。


アルコール依存症。
それは、飲酒のコントロールを喪失する病気で、薬物依存の一つ。
「わかっちゃいるけどやめられない」堂々巡りが起き、悪化すると肝臓病やがんなどさまざまなアルコール関連疾患を併発する、そんな病気。
現在日本には、発病者、そして予備軍合わせ450万人いると言われています。
>映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう」より



本当に、アルコールって、怖い。
私自身も、この年末年始、飲みに行った次の日の朝起きると感じていました。
アルコールって、怖い。と。頭痛の真ん中で。


みなさんは、お酒を飲んで失敗したこととか、ありますか?
私は、ある。もちろん、あります。
酔って寝てしまい、電車が終点まで行ってしまったことや、
普段は諦めたりするような距離を、無理矢理タクシーで帰っていて大出費だったり、
遅い時間に、何度も電話をしてしまったり、
家の鍵を無くして、夜中に迷惑をかけたり、
数え出したらきりがない、色んな、失敗をしてきました。

それらの失敗を思い返すと、今でも迷惑をかけた人に、申し訳ない気分でいっぱいになるんだなぁ。
だって、自業自得でしかないのだから。
アルコールって、本当に、怖い。
昨日も友人と飲んでいて、ワインを1人1本以上空けてしまい、今このキーボードを、ふらふらながら叩いています。
今後は、自重しながら、アルコールと付き合っていきたい。
と思いながらも、変わらないのかもなぁ。いや、変えていきたいです。
世の中の大半が、軽度のアルコール依存症なんじゃないか、なんて思う毎日。


とても印象的だった永作博美さんの台詞。
「悲しいと、嬉しいが、もうどちらかわからない」
「悲しいで身体が満たされてしまって、それが悲しいのか、嬉しいのかの判断が、つかなくなってきている」
こんな内容のことを、言ったんです。
元旦那の身体のことを、医者から聞いて。
涙が、出るかと思った。
出そう、でした。


来月上映開始する「毎日かあさん」は、流れでいうと、
ちょうどこの映画の続きのようなところになるとか。
旦那側の原作と、妻側の原作で、それぞれ映画が作られるって、すごい。
きっと、私は観に行きます。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-16 11:20 | memo
写真204
d0020491_1285751.jpg
誰が上がってくるのか、降りていくのかを、眺めてる。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-10 12:09 | photo
メモ186
d0020491_10144165.jpg
愛のむきだし


ヒューマントラスト渋谷で現在行われている園子温監督特集の
第1弾として、観てきました。
実際の劇場上映時期は、2009年の年始あたりだったので、まさに2年前。
今月末に、監督の最新作が公開するので、その事前特集といった形なのだと思う。

一言、おもしろかったです。
237分という、長尺にも関わらず、退屈せず観ることができたのは
きっとその展開の激しさと、そのむきだし具合に、引き込まれていったから。
そう、本当に、笑ってしまうくらいのむきだし映画でした。本能が。


大きく言えば、ボーイミーツガール。
そしてその中で散りばめられているさまざまなキーワード。
暴力、宗教、盗撮、変態、そして愛。
全ての感情が、あらわになって展開されていく。
人は、そうやって生きることで変態足り得るのかもしれない。
だからこそ、登場人物たちは、自分の異常さを肯定しながら進んでいくのかもしれなかったんだ。とかなんとか。



今この時分、愛をむきだしに生きることができているのだろうか。
なんて、帰り道考えていました。自問自答。

また、愛と恋って、どう違うのだろうか。なんて。
「愛」は、心が中心に存在する、真心として、人間的/精神的とされ、
「恋」は、心が下に存在する、下心として、動物的/身体的に捉えたりすることが、あるとしたら。
この映画で表現したかったのは、「愛」なのか「恋」なのか。
本当は、「恋」だったんじゃ、ないのだろうか。なんて。


だからこそ、「愛のむきだし」というタイトルは、
不可思議で、異常なものになってくるんじゃないのかな。
そこが魅力的に映り、変態の集まりばかりである映画業界的評価が異常に高い、のだろう。

実際、この物語は自己投影できるような内容では一切なく。
大きくフィクションであり、コミカライズされたその中で表現されているから、おもしろいのだと思う。
4時間なんて、あっという間なのだ。
インディーズ映画的、エンターテインメント、ここに。と。
役者が本気で演じれば演じるほど、滑稽に、狂気に、そしてラストシーンへと帰結していく。
だからね、よかった。少しだけ、最後は何とも言えない感じだったけれど。


最後に、「悪人」でも素敵な演技を披露していた満島ひかりは、
今後どんどん映画女優として出てくるんじゃないのかと感じたのは、事実。
可愛かったです。
あと主演の西島隆弘は、男版堀北真希にしか見えなかった。


DVDではなく、映画館で観るのをお勧めしたい。そんな映画でした。
DVDで観るなら、ノンストップで観ることを、お勧めします。
あー、そうだね。今年は、沢山の映画を、観に行きたいし、観に行こう。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-09 12:13 | memo
これから
d0020491_1074836.jpg
年が明け、もう数日経って、の今。
あけましておめでとうございます。

茨城は実家で年を越し、明け早々に東京へ戻り、
今日から仕事始めです。

今年は、どんな年にしていこうか。
そんなことを考えながら、ここ数日過ごしていました。

あなたは、どんな年にしたいですか。


昨年は、個人的にはかなり変化のある後半だったように感じていて
その変化を、今年前半ではしっかりと地固めていきたいなと。
その上での、目標を、立てた。立てたんです。
どんなものかは、直接。
時間のあるときにでも、書き足すかもしれない。
今は、このままでいいんじゃないかな。
大きく言えば、自身の成長。
成長したい、と。


仕事始めの時間が近づいてきました。
今年も、これからも、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by arittakewinds | 2011-01-04 08:52 | days
年を経る今日の日に
d0020491_1848466.jpg
今日で2010年といった1年が幕を閉じ、
数時間後には2011年という、新しい1年が、待っている。

年を経る、今日の日に。
皆さんは何を想い、誰を想い、何をしていますか。
私は、実家のコタツでテレビを家族と見ながら、
こう、キーボードを叩いています。カタカタと。
そろそろお皿出すのを手伝いなさいよと、母が言っている。
さっき食べたみかんの皮が、指を少し黄色く染めている。


昔から、ある程度放任主義でいてくれたことで、
今の、こんなにも適当な自分が形成されていったことは、
有り難くも、苦笑いが少し出てしまう。
もう少しぐらいは、しっかりしたいと、思っているんだよ。
まぁ、好きにやりなよ。と言ってくれるこの人たちがいるからね、
気持ちを改めるきっかけを持てたり、するんだよ。



いやー、外は、寒いです。
さっき洗濯物を、取り込んだ時に、感じたあの空気。
東京とは、違う空気。純度。わかるかな。

この家で迎える年の瀬、年明けは、何回目だろう。
来年も、ここで迎えるのかな。
東京で迎えるのかな。それは、わからないけれど。


思い返せばこの1年も、色々あって。
ものすごい多くの人に、出逢うことができて。
本当に、感謝。
大好きな人たちに、尊敬する人たちに、そして大事な人に。
沢山のことを吸収して、楽しんで、過ごすことができた1年。
来年も、また沢山の人たちと出会えたらなぁ。


色々あったよね、確かにね。
その中の、全てをとは言わないけれど、
ほんとうにだいじなものは、確かにそこに、あったんだなぁ。
それらは全て、完結なんかしていないんだと思う。
まだ途中なものばかり。ひとつひとつを、大事に明日へと繋げていこう。


とかなんとか言ってるうちに、
年越し蕎麦の、準備が進んできている模様。
上に乗せるネギに、ナルトを、切らないと。ね。
父親と、ビールの乾杯も、しないと。

それではみなさん、良いお年を。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-31 18:50 | days
帰省と餅つきと
d0020491_23264478.jpg
朝、なんだか眠気眼のなか駅に向かって早足で。
なんだかんだで電車に遅れそうになりながら。
早朝6時台の東京の朝は、半月前とは比べ物にならない寒さ。
雪、降ったのかな。

今日、帰省してきました。
茨城は実家、そして祖父母の家に。



都心から、ほんの少しだけ北上したところにある地元は、
田舎という言葉がとても似合う場所で。
戻ってくる度に、ここで10代を過ごしたのだなぁなんて
実感したり、しなかったり。


実家に帰ってくると、
ふと当時聴いていた曲を聴きたくなる衝動に駆られたり。
そういうのって、ないのかな。

中学の頃、部活後によく聴いた、あのバンド。
高校の頃、通学の行き帰りで何度も聴いた、あのバンド。
自転車で走ったあの時分と、今。
この年末の、年の瀬。
ちょっとだけ、想い出を思い出したり、ね。
メロディーフラッグっていう曲がね、すごい好きだった。



電車の中で少し寝て、その足で向かった先
祖父母の家では、恒例の餅つきもしてきました。
数少ない従兄弟たちが、久々に集まるこの機会。
もう、自分はお年玉をあげる側になってしまったのだなぁなんて
感傷に浸ってみたり、つきたての柔らかい餅に、毎度のことながら
感動してみたり。
物心ついたころから、ここで、杵と臼を見てきた。
それでも、ついた餅米をひっくり返すのは、まだまだ。
来年は、しっかりひっくり返してみせるから。待っててね。



久々に足を入れ、抜け出せなくなっているコタツの中で、
キーボードを叩いています。
いつもの通りとりとめのない形になってしまいました。

今年も、残すところあと1日。
寒いので、体には気をつけて。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-30 23:27 | days
写真203
d0020491_1230718.jpg
赤い、彩りが、ね。照明かな。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-25 12:31 | photo
メモ185
d0020491_9564861.jpg
ノルウェイの森


ちょっと前に観てきました。
村上春樹原作の、長編小説を映画化。
主演松山ケンイチ、そして菊池凛子に、新人水原希子など出演陣もなかなか。
他にも糸井重里、細野晴臣、高橋幸宏など、
おっと思わせるキャスティングも素敵でした。


それにしても、よく映画化したなあ、と。
ますはそれが感想でした。
ちなみに、村上春樹原作の映画化作品では、「トニー滝谷」が好きです。


この映画を観ていた時にふと感じたこと、
それは、人はいつの時代の話でも、受け入れてしまうのだなぁ、ということ。

原作である「ノルウェイの森」は、1987年に出版され、既に23年経っている作品で。
つまりね、私が生まれて「小説」なんてものがまだまだ読むことが出来ず、
「じゅーす!」や「これ、すきー!」なんて子供然と何も考えていなかった頃に、
大人のみんなが頭を悩ませて読んだであろう話なのだ。
そんな話を、26歳になった私が、映像化されたそれを観ている。
すごいな、と。思ったわけ。
物語って、文章って、言葉って、すごいんだなー。なんて。
思ったりね、しながら観てました。



先日上司から「最近は飲み会に行ったら自分からはあまり話をしないようにしている」といった話が。
それはどういうことかというと、何度も同じこと、昔話をしてしまうのだとか。
そんな、一見「過去の話」が、今も私たちの間では「聞いた瞬間に、今受けた新鮮な話」となったり、するんだなぁ。
過去の話は、新鮮な話なのだ。
だからこそ、私たちは日々新旧問わず「物語」を、求めてしまうのかもしれない。
そう、どんな話もね、新鮮なんだよ。
だから毎日が楽しくて、毎日が驚きで、とめどないのだろう。


どうしようもできないことだらけの映画だった。男女の。
そう観終わった時の感想を言われ、まぁ、そうなのかもしれないなんて。
ここに出てくる全ての人物たちの行動が、気持ちが、どうしようもできないんだよ。
それは、「不可能」という意味ではなくて。きっと。
「どうしようもできないくらい」の感情の中で、動いている。
それが、どうしようもできないこと、だらけになってしまっているんだよね。

どうしようもできないくらいの気持ちの中で、
今私たちは過ごしていますか。ね。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-23 09:48 | memo
我が家に緑がやってきた
d0020491_23284728.jpg
ガジュマルが、机の上にちょこん、と。

可愛らしいこいつのことを、今後枯らさないように育てていきたい。
一緒に、ゆっくりのんびりやっていきたい。
そう、思ったりして、ね。


以前からずっと、植物を部屋の中に置きたいと考えていました。

でも、なんて言うんだろう。
買うことへのハードルが、なんだか高かったんだなぁ。
高かったんです。
費用ではなく、気持ちのハードルがね。

そんなハードルをさくっと越えさせてくれたのが、大学の先輩。
先輩の結婚式でいただいた引き出物カタログにあったプチガジュマル。
そんな緑が、今、我が家の机の上にちょこんと立っている。
なんだか癒されているような、気分。



家の中に緑があるって、
こんなにも小さな緑なのに、ね。
できることなら自分も、このガジュマルのように
安らげ、安らぐような何かを与えていきたいものですね。
なんて。


もう、年の瀬。
バタバタして心が荒れてしまうこともあるかもしれないけれど、
そんな何か、個人的に安らげるものを見つけてあと2週間を駆け抜けるというのも、ありかもしれないですね。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-19 23:29 | days
やっぱり家具が欲しい
d0020491_10204584.jpg
今の駅に引越してきてもう9ヵ月が過ぎ、
最近やっと本を置く棚を買ったばかり。

まだまだ欲しい家具は沢山あったりするもので。
そろそろ万年床をやめてベッドにしたいし。
冬に入って寒くなってきたからラグも敷きたいし。
背もたれないもので日々生活しているのでワークチェアも欲しい。
欲しいものは、とめどない。
そんな今日この頃。



そんな中、新宿はパークタワーで実施されている広松木工さんの家具個展に足を運んできました。

WHITE FUSION Progressing Hiromatsu Style

この広松木工さん、私の大好きな「ダカフェ日記」さんの家でよく見かけていて。
木の質感やらつくりやら、本当にね、素敵なんです。

中でも印象的だったのが、
木材本来の色を効果的に使われているチェスト
メープル
チェリー
ウェンジ
ウォールナット などなど
木材ってこんなに色があるんだって、初めて知ったりして。
そういえば、ダカフェでも出ていたよね。この棚。
違ったかな。


そんなこんなで購買意欲を掻き立てられながら、
広松さんとコンランショップをうろうろした。
そんな日曜の夕方。
そして今は、水曜日。12月1日。
今年最後の、1ヵ月。

今月も、散在しないように頑張らないとね。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-12-01 08:28 | days
メモ184
d0020491_179323.jpg
劇団四季 サウンドオブミュージック


先週行ってきました。劇団四季は初めてで。
思っていたよりも劇場自体の大きさは小さくて、それもまた新鮮で。

よかったです。
何より、懐かしい曲の面々が。

「そうだ、京都 行こう」の「My favarite things」や
「Sixteen Going On Seventeen'」「Edelwiss(エーデルワイス)」、
そして「Do-Re-Mi(ドレミの歌)」

聞いたことあるある、とつい口からことが出てきそうな
そんな曲ばかりで不思議な気分で心がいっぱいになりながら
その歌声と演技を観ていました。


曲というものは、ふとした瞬間に感じるのだけれど
とても記憶と連結しているように思う。
そのリズムが、その音域が、昔の記憶をフラッシュバックさせる。
そういったことって、ないだろうか。
私は、ある。それもとても頻繁に。

例えば、小学生から中学生に切り替るあの春休み。
ちょうど買ったaikoのアルバム(花火とかカブトムシとかが入ってるやつ)と、古本屋でシリーズ物で買った小説5、6冊。
アルバム一枚をずっとリピートしながらその小説を読みふけったり、ご飯食べたりね、していた。
今も、aikoの曲を耳にするとその中でも印象的なシーンが、思い出されたり、されなかったり。なんて。

他にも、曲を聴くと思い出す自分って、あるんだなぁ。
食よりも、記憶に連結しやすいんだと思う。
そうだよね。


映画の「サウンドオブミュージック」を初めて観たのはいつの頃だっただろう。
もしかしたら、それぞれの曲全てがこの映画で知ったものではないのかもしれない。
CMやドラマ、テレビの中で使われ続けることで、耳に残っていたのかも。
自分がそれを知ったきっかけって、そんなにわかりやすくあるものでは、ないんだよなあ。

もう、16歳でも17歳でもない自分が、その頃の自分を思い出すには、何を媒介にするべきなんでしょうかなんていいながら、今日はこの辺で。
[PR]
# by arittakewinds | 2010-11-27 17:11 | memo