タグ:写真 ( 22 ) タグの人気記事
メモ191
d0020491_025530.jpg
ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー


石川県は金沢の金沢21世紀美術館で展示が行われ、
巡回展ということで、東京オペラシティにやってきた本展示を観てきました。
とてもよかったです。

ホンマタカシ氏の展示を観るのはこれが初めて。
雑誌や広告などではよく氏の写真に触れることは多いものの、
単純に彼の写真のみ、に出会うことは、多くなくて。
まぁ、写真展自体も、ここ数年めっきり足を運ばなくなってしまっていたのだけれど。


印象的だったのは、「Tokyo and My Daughter」という作品群。
自身の娘ではない子を被写体に、
氏の撮影と、本来の家族が彼女を捉えた写真を織り交ぜながら展示されているこの作品は、何とも言えない読後感というか、なんというか。
あー、ポートレイトって、なんなのだろう。なんて。


私自身、下手の横好きでちょいちょいカメラを握るのですが
未だにポートレイト、つまり人物写真が上手く撮れたと思えたことがない、ような気がする。
稀にね、思ってもみなかったようなものが写っていたりはするけれど、それはまた別のお話。
そんなとき、考えていることが1つだけあって。

「 写っていれば、全てが成功 」

これが、私の中の写真ルール。
なーんにも写っていなかったら、さすがに失敗だけれど。
何かしら写っていれば、そこから色々想像すれば良いのだから。良いよね。
たまに、写真展とか観に行っても「 え、これ失敗じゃないの? 」と思ってしまうような作品って、あるじゃないですか。
なんだかそんなとき、自分の写真ルールと同じような考えなのかしら、なんて思ってしまったりする。
おこがましすぎて、後で振り返ると恥ずかしくなりますが。

そういえば、先日会社の人たちと行ったお花見の写真。
ちゃんと現像したら、写っているだろうか。真っ暗だったから、写っていないかも。



横道ずれてしまいましたが、当展示、思っていたよりも展示数多く、1人でゆったり観ることができました。
先日始まったばかり。6/26までと、まだまだ余裕があります。
興味のある方は、是非足を運んでみて下さい。
[PR]
by arittakewinds | 2011-04-17 00:28 | memo
メモ180
d0020491_1285349.jpg
夜はやさしい Tender is the Night


日本科学未来館にて。
久々のプラネタリウム、以前数年前に友人たち5〜6人で行った以来かな。
よかったです。

谷川俊太郎さんの詩に、麻生久美子さんの朗読、そしてプラネタリウム装置である MEGASTAR-Ⅱ cosmos が映し出す世界6つの地からの星空たち。
優しい言葉と声が相まって、うとうとしそうになったのは、後日談として。
「見て聴く夜」 といったコンセプトの中作られたこの企画は、とても柔らかい印象の内容で、気持ちよかったです。
あれを子守唄に眠りたいなぁ。


プラネタリウムというと想い出すのが、地元にあったあのプラネタリウム。
なかなかどうしてこうして大きなそのプラネタリウムは、フジテレビの建物を設計した方が同様に携われたということもあり形が似ていて、子供ながらに「これすごいかっこいいぞ!」なんて中に入る際は心が躍ったのを今でも思い出します。

小学生の頃は入りたくて仕様がなかったその建物も、
高校生になり、毎日のように建物の前を通るようになるとただの変な形をした建物、といったイメージで気にもとめない存在となっていきました。

それでも、やっぱり思い出すと 「 プラネタリウム = 地元のアレ 」 なんだなぁ。
やっぱり、なんだなぁ。

私たちにはそういった場所が、いくつもあると思います。
子供の頃の体験が、心の中に、記憶の中に今でも息づいている。
そんな場所が、いくつもあるんだと、思います。
デパートの屋上かもしれない。大きなグラウンドかもしれない。いつか汗をかいて登った、山頂の景色かもしれない。
あなたの場所は、どこに、何があるでしょうか。
きっと私にも、他のどこかに行った際に思い出す場所が、まだまだあるのだろうな。


日本科学未来館では、他にも今は「ドラえもんの科学みらい展」なども展示されています。
興味のある方は是非。
にしても、すごい人気のようで、朝一番に並ばないとチケットがとれなかったです。そこは、要注意。
[PR]
by arittakewinds | 2010-08-14 12:09 | memo
メモ155
d0020491_22463924.jpg
「 FUJIFILM PRO400H / PRO800Z



下手の横好きですが、写真、結構好きです。
特に、デジタルではなく、フィルムで撮影することが。
というよりも、昨今のデジタルブームに乗り遅れ、デジタルカメラを持っていません。

でも、不自由さを感じたことは、
特にないかなぁ。


印刷された、写真の実物を見ることが好きだということ、
スキャナで取り込んでこうブログやFrikrへのアップ、など。
そういったちょっとした手間が、性に合っているというか、好きです。



先日、どなたかのブログを見ていた時に知ったこのフィルム。
日本未発売とのことで、CameraPeopleさん等での通販しかないかなぁ、
でも一度使ってみたいなぁ。
なんて思っていたら、新宿ヨドバシに置いてありました。
「新発売」とあったから、正式に日本でも扱い始めたのでしょうか。
1つ不安なのは、こう日本で扱い開始、といったことで製造方法の変化によって色味が変わってしまったり、しないだろうか。まぁ、私にはわからない細かい点ではあるけれど。



とりあえず PRO400H を2本だけ購入。1本890円は、さすがにちょい高いなぁ。
本当は PRO800Z も欲しかったのだけれど、5本売りしかなかったので、とりあえず400で遊んでみよう、と。



いつも、絞りや光量など気にせずただただピントが合えばいい、
ぐらいの気持ちで撮っている私です。
それでもたまに思うのは、思い通りの色、雰囲気が出せないかな、と。

このフィルムからはどんなものが出てくるのだろう。
と、今からちょっと楽しみです。
[PR]
by arittakewinds | 2009-07-27 08:46 | memo
GUMDAMと焼き肉と。
d0020491_13523667.jpg
昨日、一昨日と平日2日間、夏休みをもらってゆっくりしていました。
その中で、初日の木曜日は、まずお台場へ。


機動戦士ガンダム30周年記念 実物大ガンダム〜
※「ガンダム yahoo」で検索するとタイアップトップが出てきた。
 こんなのあったんだなぁ。


観てきました。
一度は観ておきたい、と思っていただけに、なかなかの感動もの。
そりゃこんなに大きなものがドカドカ動いていたら、はんぱないですね。
勝てる気がしませんでした。
何で戦えって話だけれど。

しっかりカメラを持っていっていなかったので、写メで済ませていましたが、
frickrとか見ると、かなりの方々がガンダム写真アップしていて、
やっぱり人気とその今の「共有」感の強さってすごいなー、と。
是非、興味がそこまでない人も、ある人も、一見の価値はアリだと思います。



その後、会社の先輩に一押しされた焼き肉や、「焼き肉ジャンボ」へ。
ここは、一見するとどうしたことないお店でしたが、かなり美味しかったです。
篠崎という、初の地だったこと、駅からタクシーで向かったことなどもあるかもしれないけれど、それでもやっぱり美味しかった。

あまり置いてない「ザブトン」や「ミスジ(何度も隣で"ミソジ"と間違えていて笑った)」など、裏メニューみたいなものも沢山あって、とてもよかったです。
なにより、店員さんのノリが最高によかった。
その時の会話でもあったのだけれど、店員さんがよいお店は、本当に楽しく美味しく食べることができて良い。

エヴァのレビューを書いたときにも書いたのだが、
食事という場でのコミュニケーションはとてもとても、だなぁ、と。

その後の気分がとても高揚して、払った値段以上の何かを得ることができる気がする。
もっともっと、いろんな美味しいもの、珍しいもの、楽しいものを食べにいきたいです。
[PR]
by arittakewinds | 2009-07-18 12:56 | days
メモ151
d0020491_17105557.jpg
OLYMPUS PEN E-P1 / オリンパスイメージング


きたかー、と思いましたね。ついに。
常々、デジタルカメラを買うか買わないかで云々唸っている私ですが、
今回はかなり今まで以上に唸っています。


デジタル一眼ブームもあり、世の中にはデジイチを首から提げた人が闊歩する昨今。
どうにも踏み出せない理由が2つありました。

・大きくないボディがいい。
・だが一眼のようなボケは出したい。

これらを考えると、RICHO の GR DIGITAL を検討せずにはいられなかったのですが、
なにぶん所持者が多すぎることもあり、天邪鬼に「まだいい」と踏みとどまっていました。
それに、どれだけ言っても、GRはコンデジですし。


そこで出た、この機体。
うーん、かなり揺れています。
「フィルムのカメラしか持ってない」を通してきた私も、揺れています。

このカメラ、まさに私の懸念点を克服していました。
しかも、動画撮影も可能とのこと。
※といってもD90などのようなレベルを期待するのはよろしくないですが。



まだまだ中の情報をしっかりと見ていないため、なんとも言えませんが、
OLYMPUSが満を持して登場させた「気軽に写真を撮れるデジタル一眼」が、ここに。



HASSELBLADを買おうか迷いながらもここ数年。
そろそろデジタルか、銀塩の憧れ機か、選択の刻がきた、のかもしれないです。
[PR]
by arittakewinds | 2009-06-19 08:28 | memo
覚えていたんだそんなこと
d0020491_1145353.jpg
普通は覚えてなんかいないよ。
といったことをなぜか当たり前かのように覚えていて、

ちゃんと覚えておいてよ。
といったことをすっかり忘れている。


といったことに普段よく遭遇する。
今日も遭遇した。
そのあたり、脳の構造としてどうなってるんですか、先生。




新しくした携帯のカメラは思ったほどよくないなぁ。
画素数が上がっても、シャッタースピードが下がったりしていて扱いにくい。
そこだけが不満点かもしれない。
[PR]
by arittakewinds | 2009-02-26 11:45 | days
メモ142
d0020491_0444544.jpg
「 セザンヌ主義 」


行ってきました。
ピカソが父と呼んだポール・セザンヌ。
その作品と、それに影響を受けた他の作家達の作品を並置させ、見比べていくという手法をとったものでした。

とても興味深い展示でした。
というか、大学時代「美術史」とか勉強したはずなのに、それはそれは覚えていないこと。
教科書として買った本って、なんて言うんでしたっけ?
「現代美術史」、だったかなぁ。もう一度読み返したいな。


全体を5つのフェーズに分け、
それぞれセザンヌの描いたパターンを他の画家のものと一緒に観ていく。
なんだか勉強しなおしました、といった気持ち。



あと、最後の方で感じたのが、
まぁセザンヌはすごい後世に影響を及ぼしたことはおいておいて、
島崎藤村は、かっこいい文章を書くなぁ、ということ。


全部しっかり読みながら観ていったので、2時間以上かかりました。
よかったです。最後の方はクラクラし始めたけど。


会期は今月1月25(日)まで。
あと2週間。まだの方で、興味のある方は、是非。
[PR]
by arittakewinds | 2009-01-13 00:45 | memo
メモ140
d0020491_19494311.jpg
カラーイメージングコンテスト2008受賞作品展 」 in スパイラルガーデン


エプソンが毎年主催している、写真とグラフィック2軸のコンテスト。
その受賞作品展を観てきた。この前。

今回の感想としては、
「やっぱり、“グラフィック作品”ってくくりは激しすぎてよくわからん」
という点に尽きる。

写真ならば「これは綺麗だなぁ」、「好みの色だ」、「すごい構図、場面だ」などといった印象を持つことができるのだが、グラフィックは幅がありすぎて目が回る。

一見ゴミじゃないか?と思うものもなくはないし、
審査員はこの作品のどの点を評価したのかを、明確な言葉にして説明してもらいたいなー。
アンケートに答えると、受賞作品のカタログがもらえるので、答えた方が得です。たぶん。



それにしても、スパイラルを見ると、
友人が以前「ここのカフェはべらぼうに高い」と言っていたのを思い出します。
だからか、一度もここのカフェを使ってみようと思ったことない。
あと、その印象によって、売ってるものも高いようなイメージがある。
参った印象だなぁ。
[PR]
by arittakewinds | 2008-12-23 10:49 | memo
昨日今日は、ちと寒い。
d0020491_2222265.jpg
今日、少し雨もやんだということで、
FOIL GALLERY に足を運んだ。

川内倫子写真展 Semear 」 を観てきた。

実際、展示数も多いわけではなく、すぐに観終わってしまったのだけれど、
それはそれでよかったかなと思う。
そういえば、といったところだが、これまでこの人の写真はなんとなく避けていたようにも思う、のはなんでだろう。
綺麗な画を撮るなぁと思えば、スナップ、だなぁと思うときもあり、不思議です。



そういえば、先日、たまに足を運ぶEMON・PHOTO GALLERYからレセプションの招待メールが届いた。
え、なんで?って感じではあったのだけれど(誰にでも送ってるのかな、わからないけど)、出来れば行きたいなぁ。平日だから難しいけど。

AQUALAND」 という展示でオランダの女流写真家、マガリート・スミュルダス氏と日本の写真家、海沼武史氏の展示会のようです。
5月8日(木)~6月13日(金)までの期間で、もし近くに行く機会があれば是非。
雰囲気のある、素敵なギャラリーです。
[PR]
by arittakewinds | 2008-05-11 22:22 | days
あたらしいフィルム
d0020491_12344671.jpg
結構前のエントリだったけれど、
PARADEっていうフィルムが販売終了してしまったよ。という話がありました。


で、昨日自由が丘に行く用事があったので
噂のポパイカメラに足を運んでみると、それとは違う、なんだか新しいフィルムが店頭に。
(店長らしきおじさんが、すごい人のいい感じの人でした)

「 VEGAS400 」

というらしい。
なんでも通常よりも黄色が強めに出るらしく、へー、ほー、みたいな。
なんともはや、そういう感じになる感じのようです。(リンク先参照)


とりあえず数本購入。
でもこれ、現状だとこのポパイカメラでしか現像できないらしい。
となると1本目は試しに撮ってみて、現像出して、それ踏まえてまた試して…
というのもいつもよりも面倒そう(自由が丘とか、全然行かないし)。


まぁでもそういう理由でもいつもは行かないところに行くのはいいかもな、と。
GWもあとちょっとですが、晴れ晴れ!とした日は、来るんでしょうか、ねぇ。
[PR]
by arittakewinds | 2008-05-04 10:03 | days