ムシと生きる。
先週から観てるのですが、「蟲師」 というアニメがおもしろいです。

原作が 漆原友紀 という方で、今も 月刊 「アフタヌーン」 で連載中。
アフタヌーンはなかなかステキな作品が多くていいですね。
といってもそこまで詳しくはないけど。



 登場してくる 「蟲」 とは、動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達という設定で、その 「蟲」 にまつわる話を毎回30分放送されているものです。
 蟲と人間の共存、のようなモノがテーマなのかな?ちょっとまだよくわかってないけど、とにかくおもしろいです。


この作品、非常に動きが淡白、というか少なめですが、なんだろう。
丁寧に作られているような印象を受ける。
作画が乱れるような雰囲気があまり感じられない(たった2回見ただけの印象だからわからないけど)。
今のところ5話まで放送されていて、でも1話完結モノなので、1回見逃しても大丈夫。


そうそう、この作者、女性なんですね。
かってに「とものり」だと思っていたので意外な印象を、これまた受けるわけで。
「蟲師」 以外にも 「フィラメント」 という短編集(初期作品集ともいうべきか)を出しています。
そちらにはこの 「蟲師」 の原作ともなる 「虫師」 という作品も掲載しています。
興味が沸いたら是非。どちらから読んでも、きっと楽しめると思います。
[PR]
by arittakewinds | 2005-11-20 09:32 | days
<< 夜になる前 写真24 >>