ハリウッドの、まさか。
今日、友人ととあるハリウッド映画を観た。
かなり前の作品。

なんでも、日本人が初めてハリウッドで監督をして作品だとかそうでないとか。
芥川龍之介の『薮の中』を翻案した作品のようで、つまりそれはかの有名な黒澤明の「羅生門」、M・リットの「暴行」と同じ原作というわけ。
しかし、その前2作には、うん。


というか、なにが 「まさか」 かというと、だ。


マイクが画に入ってる!!!


なんと、マイクが見えたんです。
えぇ、そりゃあもう一瞬とかではなく、2~3秒ほど。いや、長すぎでしょ。
もう、2人で吹き出しそうでした。

ぶー。ってね。

興味があれば、見てみてください。
そう、「アイアン・メイズ
それは14年も前の、お話。
[PR]
by arittakewinds | 2006-03-29 00:09 | days
<< メモ25 写真37 >>