昼寝を。
今日、毎日寝すぎてしまう女の子を描いた本を読んでいる最中に、昼寝をした。

それは、大学生の日常を描いているだけのような、そんな話なんだけど。
その子は、ホントによく寝る。
一日丸々寝て、次の日になってしまうこともあるくらい。
しかも毎日寝てて、夏休みから冬休み明けまで、一度も大学に行かなかった。

そこまで寝てしまうことはないけれど。
でも、たまにはそんなに寝てみるのもいいのかなぁ、なんて。

話の中で 「二十五までは眠いもんだ。二十五すぎたら眠いのも治る」 と言っていたのが気になる。
ほんとかな。
どうなのかな。


久々に、こういう話を読んだ。
たまにはいいかも、と思った。
[PR]
by arittakewinds | 2006-09-26 21:16 | days
<< メモ48 写真43 >>