メモ126
d0020491_1062356.jpg
「 ザ・マジックアワー : 三谷幸喜 監督 」


観てきました。三谷さんの映画です。
とても楽しくて、本当に、この人の頭の中って変態だなぁと。
つくづく思いました。演技指導って、どんな雰囲気なのだろう。

この映画で観てみんなが感じるだろうことが、
「映画って、こんなにいろんな人がいるのか」ということもひとつあるかと思う。
スタッフ側をちゃんと出している。エンドロールへの趣向が粋です。


真面目なようでとぼけてしまう、ついとぼけたように見えてしまう、
そんな演技ができる人たちをまとめているってすごいなぁ。
佐藤浩一は、こんなにもコメディな男だったのか、と思った。


印象的だった台詞としては、
佐藤浩一演じる村田のとある一場面。

いいか!?、
「カット」って言っていいのはなぁ、
この人だけなんだよ!!




深津絵里は変わらず可愛らしかったのだが、
初めて綾瀬はるかも可愛いのだなぁと感じた。そんな発見もあった映画でした。
コメディ観たい方は、是非。
[PR]
by arittakewinds | 2008-06-23 01:12 | memo
<< ぎんぶらしてーから 気を抜くとすぐに書かなくなって... >>