メモ133
d0020491_23269.jpg
パコと魔法の絵本


最近は、なんだか無性に映画が観たい。
というわけで今日も観てきました。
「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督の最新作。


上手い映画、といった印象でした。
通常の映画であれば、悲しい、泣けるシーンではそこに適した情緒的なスローテンポな曲を挿入し、カメラワークもゆっくりと入れる。
それによって、視聴者が「ここから。。。」と(泣く段階に)入りやすくさせるのがベターな手法なのだけれど、この映画はそういった瞬間に上手い具合に、オチを入れていた。


阿部サダヲがそういったところで入っていて、笑える箇所をつくっていた。
でもだからこそ、なのかな。
泣ける演出になっていたのかな、と思う。

悲しくて、切なくて泣いちゃった時に、強がって言うギャグ、そういったものを連想させる阿部サダヲの存在が、いい感じでした。
といった感想、かな。

何度か泣き場があったのだけれど、その度に隣からも、後ろからも鼻をすする音がして、
「中島哲也、すげー」と。




それにしても、毎回のことだがこの監督の映画は、色彩がすごい。
そして細かいCGの作り込みがはんぱなかった。
あれって、どのぐらいの期間での作り込みだったのだろう。ものすごい。


あ、あと主演のパコ役 アヤカ・ウィルソンは相当可愛かった。
もちろん他の役者陣も豪華で、とても幅広かったです。


とても楽しく、そしてうるうるとした映画でした。
全国上映だし、興味があれば是非。
[PR]
by arittakewinds | 2008-09-24 02:03 | memo
<< メモ134 土岐麻子「Orange & B... >>