2007年 08月 19日 ( 2 )
メモ91
d0020491_13491583.jpg
最近読んだ本を。
写真右側から。


革命家の午後 : 松本次郎 著

表紙がよかったので購入。漫画です。
短編集となっている。
なんだろう、やるせないなぁ、みたいな。
そういう感じが強い感じ、かな。
彼の作品はほとんど読んだことがないので、作風がこういったものなのか
どうかすら、よくわかってないです。
でもあれですね、マンガよりも文学よりな感じが好きって印象。

ああそうだ、「 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 」を読んでみたい。
誰か読んだ人、いますかね。





武士道シックスティーン : 誉田哲也 著

これは、タイトルに惹かれ、内容に惹かれ購入。
青春スポーツ小説、です。
まずいいなと感じたのが、帯紐が2本あったこと。
赤と白の2本。
剣道の襷をイメージしているだろうそれに、遊び心が素敵だなぁ、と。
内容は2人の主人公を軸に流れる成長物語。
こんな高校生、ほんとにいるのかと思ったが、小説だし、ね。
久々に竹刀を振りたくなりました。





夜は短し歩けよ乙女 : 森見登美彦 著

通称モリミー、というらしい。
小説家が、読者からあだ名をつけられるって、すごい素敵だなと思うんです。
彼の独特の文体もあいまって、かなりのファンタジーとして読むことができました。
好きです。こういう感じ。
京都の街並みに詳しくないので、所々出てくる地名がイメージできなかったのが、残念。
以前読んだ 「 新釈 走れメロス 他四篇 」 に出てきたキャラクターが垣間見れたのが
なんだかよかった。
「黒髪の乙女」には会ってみたいし、「先輩」には「そうだなぁ」と感じるところがあった。



次は、この著者じゃないが 万城目学 あたりの本を、読んでみたいなぁ。
とはいっても、まだ読んでいない本が、あと何冊も目の前にあるのでした。
[PR]
by arittakewinds | 2007-08-19 11:28 | memo
涼夏。
昨日は、久々にといっていいぐらいに涼しかった。

涼しかったといってもまぁ、めちゃくちゃってほどでもないけど。
でもこの前の「37度」って花火の日に比べたら、どれほどか、と。

会社を出たときの、あの「あれ?」って感覚が、よかった。
何か映画を観にいこうか。
[PR]
by arittakewinds | 2007-08-19 09:08 | days