2009年 11月 02日 ( 1 )
メモ163
d0020491_017431.jpg
根津美術館


今日、雨が降る前に、と。
行ってきました。一人で自転車走らせました。
10/7に3年半の改装工事を経て新装したこの美術館。
訪れるのは、実は初めてで。

いやはや、よかったです。
何にまず心惹かれたかというと、その外観。
なんでも、今回設計を担当したのは隈研吾氏という建築家。
私は建築に関しては全く知識がなく、氏のことはまったくでしたが、それでもこの人はプロなのだなぁ、と思わせる素敵な造りでした。
また、古今集を初めて見てびっくりしたなぁ。

あ、あと庭園もよかったです。
中央にカフェがあったのだけれど、それはまた次回、誰かと来た時にでもとっておこうと思う。



青山の一角にずんと建つその重みは、その周りの空気を変えたんじゃないだろうか。
恥ずかしながら、新装する前の姿を私は知らないが、
きっと、変えたのではないかと思う。

私は以前から建築用クレーンが好きでその姿を写真に収めたりするのだが、
そこに私が感じるのは、「1点に、常には留まらないそのあやうさ」がとても儚く、好きなのだ。
その目的を達した時点で、それまでそこに佇んでいた彼はまた別のどこかへ行ってしまう。

だがそこに造られた建物は違う。
長い時間そこにいる。そこに住む人たちと一緒に過ごしていく、んだよなぁ。

良い方に、変わったのだろうと勝手に思いながら、
高揚した気持ちでそこを後にした私は、つい買うつもりもなかった服を買ってしまった。
私も影響されてしまったのかもしれない。とかなんとか。


新装記念の特別展、第1回目は11/8まで。
絵画などが充実しています。気になる方は、是非。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-02 00:44 | memo