カテゴリ:days( 666 )
地面が揺れた、その後は
何したかって、電話しました。繋がらなかったけれど。
その後は、メールしました。送れなかったけれど。
twitterとfacebookつかいました。そこで、一方は繋がった。

数時間後、もう一方とも連絡がとれ、ほっと、胸を撫で下ろしたり、していました。
そんな、金曜。土曜。そして今日。


まだまだ、速報だったり、色々な情報が流れてきている。
不安になるかもしれない。色々と考えてしまうことがあるかもしれない。
でもね、もっと気持ちを強く持っていこう。って、思いました。

確かにね、今回の地震、本当に怖かった。
生きてきて、たぶん最大級だったんじゃないかな。
余震が続く中、仕事をするためPCのキーボードを叩いている自分が、
何とも言えない不思議な感じで。
明日、自分は何しているんだろう、なんて。
思っていました。


私の実家は茨城県の北部。
両親は、無事でした。家はひどいことになってしまったみたいです。
祖父母も、無事でした。海沿いということで、浸水してしまったそうです。
妹は、東京に出てきていて、電話もすることができました。
みんな、どうにか無事で、頑張っている。

今私にできることは、連絡をとること。だけなのかな。
募金をすること。だけなのかな。
節電をすること。だけなのかな。

昨日の夜、1人で家にいると、
友人がうちに来いと、言ってくれました。
正直ね、ちょっと不安だった。だから、嬉しかった。です、ほんと。
ありがとう。あざす。
声をかけてくれた2人は、私にはできない、ことをしてくれた。
ほんとにね、ありがとう。


私たちに、できること。
何かないかと、ここに記載しておきます。
何かできること、ここを見た1人でも、動いてくれる人がいれば。
下記以外にも、何かあれば、教えて下さい。

・Google 探したい人/消息状況がわかるサービス
 ⇒ Person Finder

・Google 今回の災害の情報や被害情報をリアルタイム更新
 ⇒ Google Crisis Response

・災害募金
 ⇒ Yahoo!ボランティア(壁紙購入またはYahoo! ポイント)
 ⇒ TポイントとTカード(Tポイント)
 ⇒ グルーポン(クーポン購入)
 ⇒ goo 募金(壁紙購入)
 ⇒ はてな義援金窓口(はてなポイント)
 ⇒ @nifty Web募金(壁紙購入)


今日も、ヤシマ作戦で、乗り切ろう。
[PR]
by arittakewinds | 2011-03-13 09:44 | days
西日本でどうでしょう
d0020491_054227.jpg
かのローカル番組「水曜どうでしょう」の新シリーズが始まったとか。
大好きです。あの番組。

先週の1週間、会社からお休みをいただいて、
西日本を車で駆け巡るといった旅行をしてきました。
同期2人と、男3人ぶらり旅。

京都から長崎まで。四国、中国、九州と走り抜けて。
テーマは、かのローカル番組みたいな、気ままな旅にしよう。そうしよう。
決めていたのは、それぐらい。

楽しかったです。とても。
いや、ホントに。


一昨年経験した入院以外でこれほどの長期休暇をとったのは初めてかもしれないなぁ、なんて。
思ったりしていました。
今後、もういつ取ることができるかなんてわからない。なんて。
思ったり、していました。


旅の想い出は、語り出すときりがないので割愛。
主に、食べているだけ。
でもそれで、よかったよね。
食べて寝て、移動して、食べて寝て、移動して、食べて寝る。
本当にそれだけ。
でもそれが、よかったよ。



どうしようもない同期と、どうしようもない会話をし続けて。
美味しいものに舌鼓を打ち、そのまま眠る。


今日は、明日も、
またそんな楽しい時間に負けないぐらいの時間を、過ごしたいですね。
そんなことを想いながら、これから眠りにまた今日も、つこうと思います。
おやすみなさい。

写真などはこちらから▼
[PR]
by arittakewinds | 2011-03-03 01:05 | days
生きていればこそ
d0020491_9511766.jpg
楽しいことも、辛いことも、何でも体験することができるんだって。
そう思うことが、稀にある。ないかな。ないよな。


私はよく、飲んだその足で歩いて帰ることがあるのだけれど、
自分の中でそこまで酔っていないつもりでも、すごく眠くてふらふらしていることが、あるんです。
たぶんね。
1人で歩いているから、何とも言えない。

そんなふらふらで歩いていると、
我に還った瞬間に、車道に身体が出ていることが、稀にあって。
深夜、車の通りが少なくなっている時分だからこそ、生きているけれど。


本当にね。
危ない危ない。
昨晩も、それをしていて、ね。
だから、書いてしまった。


注意して、日々を生きていこう。
今日も五体満足に、感謝しよう。
なんて、柄にもない。

今日は、だらだら家でゆっくりしたいと、そう思うんです。
みなさんも、良い週末を。
[PR]
by arittakewinds | 2011-01-29 09:07 | days
これから
d0020491_1074836.jpg
年が明け、もう数日経って、の今。
あけましておめでとうございます。

茨城は実家で年を越し、明け早々に東京へ戻り、
今日から仕事始めです。

今年は、どんな年にしていこうか。
そんなことを考えながら、ここ数日過ごしていました。

あなたは、どんな年にしたいですか。


昨年は、個人的にはかなり変化のある後半だったように感じていて
その変化を、今年前半ではしっかりと地固めていきたいなと。
その上での、目標を、立てた。立てたんです。
どんなものかは、直接。
時間のあるときにでも、書き足すかもしれない。
今は、このままでいいんじゃないかな。
大きく言えば、自身の成長。
成長したい、と。


仕事始めの時間が近づいてきました。
今年も、これからも、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by arittakewinds | 2011-01-04 08:52 | days
年を経る今日の日に
d0020491_1848466.jpg
今日で2010年といった1年が幕を閉じ、
数時間後には2011年という、新しい1年が、待っている。

年を経る、今日の日に。
皆さんは何を想い、誰を想い、何をしていますか。
私は、実家のコタツでテレビを家族と見ながら、
こう、キーボードを叩いています。カタカタと。
そろそろお皿出すのを手伝いなさいよと、母が言っている。
さっき食べたみかんの皮が、指を少し黄色く染めている。


昔から、ある程度放任主義でいてくれたことで、
今の、こんなにも適当な自分が形成されていったことは、
有り難くも、苦笑いが少し出てしまう。
もう少しぐらいは、しっかりしたいと、思っているんだよ。
まぁ、好きにやりなよ。と言ってくれるこの人たちがいるからね、
気持ちを改めるきっかけを持てたり、するんだよ。



いやー、外は、寒いです。
さっき洗濯物を、取り込んだ時に、感じたあの空気。
東京とは、違う空気。純度。わかるかな。

この家で迎える年の瀬、年明けは、何回目だろう。
来年も、ここで迎えるのかな。
東京で迎えるのかな。それは、わからないけれど。


思い返せばこの1年も、色々あって。
ものすごい多くの人に、出逢うことができて。
本当に、感謝。
大好きな人たちに、尊敬する人たちに、そして大事な人に。
沢山のことを吸収して、楽しんで、過ごすことができた1年。
来年も、また沢山の人たちと出会えたらなぁ。


色々あったよね、確かにね。
その中の、全てをとは言わないけれど、
ほんとうにだいじなものは、確かにそこに、あったんだなぁ。
それらは全て、完結なんかしていないんだと思う。
まだ途中なものばかり。ひとつひとつを、大事に明日へと繋げていこう。


とかなんとか言ってるうちに、
年越し蕎麦の、準備が進んできている模様。
上に乗せるネギに、ナルトを、切らないと。ね。
父親と、ビールの乾杯も、しないと。

それではみなさん、良いお年を。
[PR]
by arittakewinds | 2010-12-31 18:50 | days
帰省と餅つきと
d0020491_23264478.jpg
朝、なんだか眠気眼のなか駅に向かって早足で。
なんだかんだで電車に遅れそうになりながら。
早朝6時台の東京の朝は、半月前とは比べ物にならない寒さ。
雪、降ったのかな。

今日、帰省してきました。
茨城は実家、そして祖父母の家に。



都心から、ほんの少しだけ北上したところにある地元は、
田舎という言葉がとても似合う場所で。
戻ってくる度に、ここで10代を過ごしたのだなぁなんて
実感したり、しなかったり。


実家に帰ってくると、
ふと当時聴いていた曲を聴きたくなる衝動に駆られたり。
そういうのって、ないのかな。

中学の頃、部活後によく聴いた、あのバンド。
高校の頃、通学の行き帰りで何度も聴いた、あのバンド。
自転車で走ったあの時分と、今。
この年末の、年の瀬。
ちょっとだけ、想い出を思い出したり、ね。
メロディーフラッグっていう曲がね、すごい好きだった。



電車の中で少し寝て、その足で向かった先
祖父母の家では、恒例の餅つきもしてきました。
数少ない従兄弟たちが、久々に集まるこの機会。
もう、自分はお年玉をあげる側になってしまったのだなぁなんて
感傷に浸ってみたり、つきたての柔らかい餅に、毎度のことながら
感動してみたり。
物心ついたころから、ここで、杵と臼を見てきた。
それでも、ついた餅米をひっくり返すのは、まだまだ。
来年は、しっかりひっくり返してみせるから。待っててね。



久々に足を入れ、抜け出せなくなっているコタツの中で、
キーボードを叩いています。
いつもの通りとりとめのない形になってしまいました。

今年も、残すところあと1日。
寒いので、体には気をつけて。
[PR]
by arittakewinds | 2010-12-30 23:27 | days
我が家に緑がやってきた
d0020491_23284728.jpg
ガジュマルが、机の上にちょこん、と。

可愛らしいこいつのことを、今後枯らさないように育てていきたい。
一緒に、ゆっくりのんびりやっていきたい。
そう、思ったりして、ね。


以前からずっと、植物を部屋の中に置きたいと考えていました。

でも、なんて言うんだろう。
買うことへのハードルが、なんだか高かったんだなぁ。
高かったんです。
費用ではなく、気持ちのハードルがね。

そんなハードルをさくっと越えさせてくれたのが、大学の先輩。
先輩の結婚式でいただいた引き出物カタログにあったプチガジュマル。
そんな緑が、今、我が家の机の上にちょこんと立っている。
なんだか癒されているような、気分。



家の中に緑があるって、
こんなにも小さな緑なのに、ね。
できることなら自分も、このガジュマルのように
安らげ、安らぐような何かを与えていきたいものですね。
なんて。


もう、年の瀬。
バタバタして心が荒れてしまうこともあるかもしれないけれど、
そんな何か、個人的に安らげるものを見つけてあと2週間を駆け抜けるというのも、ありかもしれないですね。
[PR]
by arittakewinds | 2010-12-19 23:29 | days
やっぱり家具が欲しい
d0020491_10204584.jpg
今の駅に引越してきてもう9ヵ月が過ぎ、
最近やっと本を置く棚を買ったばかり。

まだまだ欲しい家具は沢山あったりするもので。
そろそろ万年床をやめてベッドにしたいし。
冬に入って寒くなってきたからラグも敷きたいし。
背もたれないもので日々生活しているのでワークチェアも欲しい。
欲しいものは、とめどない。
そんな今日この頃。



そんな中、新宿はパークタワーで実施されている広松木工さんの家具個展に足を運んできました。

WHITE FUSION Progressing Hiromatsu Style

この広松木工さん、私の大好きな「ダカフェ日記」さんの家でよく見かけていて。
木の質感やらつくりやら、本当にね、素敵なんです。

中でも印象的だったのが、
木材本来の色を効果的に使われているチェスト
メープル
チェリー
ウェンジ
ウォールナット などなど
木材ってこんなに色があるんだって、初めて知ったりして。
そういえば、ダカフェでも出ていたよね。この棚。
違ったかな。


そんなこんなで購買意欲を掻き立てられながら、
広松さんとコンランショップをうろうろした。
そんな日曜の夕方。
そして今は、水曜日。12月1日。
今年最後の、1ヵ月。

今月も、散在しないように頑張らないとね。
[PR]
by arittakewinds | 2010-12-01 08:28 | days
環境が変わったらどうしよう
d0020491_20332187.jpg
なんて、思っていた。
ちょっと保守的だったのかもしれない。
変えてやるよ自分が、なんてことを自分から言えない自分が怖くて、どうしよう、なんて思っていた。
そんな時に限って、変わってしまったり、するんだなあ。


仕事を始めてこれまでの3年半くらい所属していたこの場から、
別のところに移るなんてイメージがなかった私が、こうして新しい場に立たされた。
あーどうしよう怖い怖い。
明日からどうしちゃおう。
なんて、思うのかしらと想像をしてみたけれど、そんなこともなく。


ひとまずは、頑張りましょうよと。
自分に思ったりしているこんな時分。


勉強と引継ぎ、しないとね。
わからないことだらけなので沢山調べて沢山聞いて沢山話をしていこう。
だってもう、夏じゃないんだから。
夜が来るのがこんなにも早いんだよ。

あの人や、この人が寝てしまう前に、
色々と話しかけちゃうんだから。
うるさいよとか、言わないでね。

ね、よろしくお願いします。


※追記
なんだか転職したみたいな見え方になっていたようで、申し訳ないです。
実際は、社内で別の部署に異動した、というだけでした。
大袈裟な言い方はよくないですね。今後気をつけようと思います。 
[PR]
by arittakewinds | 2010-10-03 20:37 | days
僕らはどこで季節を感じよう
d0020491_11493986.jpg
あなたはどんな時、季節を感じますか。

歩くだけで汗が吹き出るような気候を、
台風がさっと吹いていってしまったこの涼しさを感じながら、
今、自分で剥いた梨を食べています。
シャクシャクと音を、鳴らしながら。

2年に1度ほどのタイミングで、実家の母が地元の梨を送ってくれることがあります。
実家はサラリーマン家庭なのだけれど、山に囲まれた田舎のためまわりには梨園やぶどう園があり、秋を感じる時、それは母が剥いてくれた梨が高校から帰宅した時に出されたときなどでした。
リンゴよりも甘く、リンゴよりも瑞々しく、そして青々と緑を感じさせてくれる梨が、大好きでした。
いや、今も大好きです。


日本に四季があり、それぞれの季節に食べたいものがある。
とても、嬉しいことだなと、今改めて思うんです。
送ってくれた母に、感謝。
梨を育ててくれた農園の方に、感謝。
日本の四季に、感謝しよう。


他にはどんな時に、四季を感じるだろう。
地元の山々を思い出しながら、シャクシャクと梨を頬張っています。
食べ過ぎるとお腹を壊しかねないから、明日は少し会社に持っていこうかな。
気が向いたら、だけれど。
[PR]
by arittakewinds | 2010-09-26 11:50 | days