<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
写真158
d0020491_0114466.jpg
なんかこれ見てたら、ほんとに焼肉食べに行きたくなった。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-07 00:12 | photo
メモ164
d0020491_22542742.jpg
DESIGN TIDE TOKYO 2009


今日が最終日ということもあり、行ってきました。
実は今年の開催で、初めてで。

とても楽しかったです。
この企画は、メイン会場がミッドタウンで開かれていたのですが、
その他にも色んな場所で関連イベントがあったようです。
私は、メイン会場のみを回りました。


まず入った瞬間に感じたことは、

「 すごいもこもこ 」

会場全体を、綿のふわふわで包み込んでいて、
そのある種幻想的な空間と、まったくそれに反した多くの来場者が
なんとも噛み合っていないような感じがして、にやにやしていました。

また、都度こういったデザイン展に来て思うのは、
「これ造った人すごいなー」と。
実際のところ、きっとアイディアといったところでは、同様のことを考えた人って、
ごまんといる。きっと。
でも、その中で実行に移した人はどのくらいいるんだろう。
そんな人たちが、このデザイン展にきているんだなぁ。
そう思うと、「これ造った人すごいなー」なんて、思ってしまうんです。


回っていて気になったものは、
「時計」が多かったこと、
2方向から開けることができるが素敵すぎたこと、
リアクションが素晴らしい人は、年齢不詳だったこと、
などなど、挙げだしたら止まらないかも。


また次回も開催したら行きたいな。
でももう少し、空いてると見やすいよね。
そんな感じの、休日でした。
明日からまた平日、なんだか変な気分ですね。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-03 23:29 | memo
写真157
d0020491_11323631.jpg
ハートとスペード。反対側の羽根を見たら揃ったのだろか。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-03 11:33 | photo
メモ163
d0020491_017431.jpg
根津美術館


今日、雨が降る前に、と。
行ってきました。一人で自転車走らせました。
10/7に3年半の改装工事を経て新装したこの美術館。
訪れるのは、実は初めてで。

いやはや、よかったです。
何にまず心惹かれたかというと、その外観。
なんでも、今回設計を担当したのは隈研吾氏という建築家。
私は建築に関しては全く知識がなく、氏のことはまったくでしたが、それでもこの人はプロなのだなぁ、と思わせる素敵な造りでした。
また、古今集を初めて見てびっくりしたなぁ。

あ、あと庭園もよかったです。
中央にカフェがあったのだけれど、それはまた次回、誰かと来た時にでもとっておこうと思う。



青山の一角にずんと建つその重みは、その周りの空気を変えたんじゃないだろうか。
恥ずかしながら、新装する前の姿を私は知らないが、
きっと、変えたのではないかと思う。

私は以前から建築用クレーンが好きでその姿を写真に収めたりするのだが、
そこに私が感じるのは、「1点に、常には留まらないそのあやうさ」がとても儚く、好きなのだ。
その目的を達した時点で、それまでそこに佇んでいた彼はまた別のどこかへ行ってしまう。

だがそこに造られた建物は違う。
長い時間そこにいる。そこに住む人たちと一緒に過ごしていく、んだよなぁ。

良い方に、変わったのだろうと勝手に思いながら、
高揚した気持ちでそこを後にした私は、つい買うつもりもなかった服を買ってしまった。
私も影響されてしまったのかもしれない。とかなんとか。


新装記念の特別展、第1回目は11/8まで。
絵画などが充実しています。気になる方は、是非。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-02 00:44 | memo
メモ162
d0020491_82403.jpg
センコロール


これはアニメです。宇木敦哉 監督第一作目。
少し前に劇場公開されていたのですが、観に行けず、DVD化したものを購入しました。


普段DVD等のソフトものを購入しない私ですが、
この作品はちょっとどうしても観たくてこういった状況に至ってしまった。

なぜか。
この作品、30分満たない尺のものではあるものの、すべてを監督一人の手で作られている。
また、その線がとても美しい。

2年前、くらいかなぁ。
この作品のトレーラーをYou Tubeで観て以来、早く本編が出ないものかと待ち望んでいました。
たまに彼のブログをチェックしてみたり(全然更新されない)
その本編、というわけです。

一人で作ったとは思えないくらいの作り込みで、
かつ昨今のCGゴリゴリな感じとはまた違った印象(ちょっと手書き感があるというか、でもCG使ってるよねきっと)がまたよく、楽しく観ることができました。



でもきっと、背景などをしっかり知らずに買うとちょっと高いかも。
すぐ終わってしまうし、ね。

それでも、新しい作家が出たなー、と。
新海誠氏以来ではないでしょうか。こういう登場は。
今後期待したい、次回作はいつになるのか。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-01 07:58 | memo