人気ブログランキング |
メモ196
メモ196_d0020491_1123468.jpg
奇跡


是枝裕和監督の最新作。観てきました。
よかったです。いや、本当によかった。
今、自分はこういう映画を観たかったんだと思った。
そうなんだよね、観たかったんだよね。こういった、映画を。
泣ける、というわけではないけれど、観た後に、泣きたくなった。
のは、内緒の話。


奇跡を信じていたときって、どんなときだっただろう。
なんて考えながら帰り道を歩いていました。
子どもの頃、私が小学生だった時分。何を願っていただろう。なんて。

正直ね、思い出せなかった。
ミニ四駆のレースで優勝することを奇跡として夢見ていたかもしれない。
夏休みに出した自由研究が表彰されることを夢見ていたかもしれない。
漫画家になれるぐらい絵が上手くなるように、なんて夢見ていたかもしれない。。etc

それでも、やっぱり思い出せなかった。んだなぁ。
何を信じ、何を願っていたんだっけ。
たぶん、そんな大層に「これを願う」といったほどのことじゃなく、
もっと、もっと小さなものが沢山あったんじゃないかな。
明日ご飯がカレーライスになりますように、とか。そういった程度のもの。
きっとそれでも、当時の私にとっては奇跡であって、願いだったんじゃないかな。
劇中の彼らのような、彼らなりの奇跡を願っていたことも、あったと思うのだけれど、思い出せなかった。んだなぁ。
でもきっと、奇跡を願った少し後に忘れても、笑えるだろうその感じが、
やっぱりよかったよね。子どもって、だからすごいよね。


今、27歳になった私は、どんな奇跡を願っているだろう。
なんて、子どもの自分を思い出せなかった私は、やっぱり考えながら
渋谷から自宅に向かって歩いていました。

明日は晴れたらいいよね。明日もご飯が美味しかったらいいよね。なんて。
そんなことかな、とか。思ったり。
子どもの頃と、変わっていないなぁ。

あとはね、この夏は、花火が見たい。
おっきな花火も見たいし、河原でやる手持ちの花火もしたい。
今年は震災の影響で花火も自粛ムードだけれど。
いっそのこと、浴衣でも着て行きたいな。
少しのお金と、小さなカメラだけ持って、たまやー。ってね。


当時の、小学生の頃の自分が想像していた27歳なんて、
どうしようもないくらい大きくて、大人で、全てを知っているヒトだったけれど。
まだまだ、子どもと変わらなくて。未熟すぎて。
半年前の年末年始に願った奇跡もあったけれど、どこかにいってしまった。
今は地道に、ゆっくりとやっていくしかないのかもなぁなんて思いながら、朝ご飯を食べています。


是枝監督の描く子どものその自然な演出/演技にドキドキし、
まえだまえだのあのむちむちした子ども特有の体つきに安心感を覚えながら、
ゆっくりと観ることができました。
夏の手前に観ることができて、よかった。
タグ:
# by arittakewinds | 2011-06-19 11:04 | memo
写真226
写真226_d0020491_1331575.jpg
赤いおじいちゃんと、ポスト
# by arittakewinds | 2011-06-12 13:31 | photo
既に折り返していた
既に折り返していた_d0020491_13294321.jpg
気付けばもう6月も中旬に入ろうとしていて。
折り返しです。今年も。
sbr_mさんのブログを読んで、そうだったなんて思ったりして、書いています。


なんだかここ最近せわしなくて、
そのせいか何か書こうにも、気持ちがまとまらず
だらだらとfeedを消化する毎日。だったとかね、ホントの話。


6月が1年の折り返しって、いつからそう思うようになったのだろう。
今でも体感では、8月終わり辺りが折り返しのような、気がしている。
3月が終わりで4月が始まりだから?
でもそれだったら9月だよね。なんでだろうね。
頭では6月、身体では8月、この2ヵ月の差は、いつ生まれたのかな。
何かしら自分にとって、あったんだろうななんて思いながらも、思い出せず。
これじゃないかってのがあったら、教えてください。


人には、それぞれの体感速度や特別さがそこにあって、
例えば、劇的な出来事があった月なんかがその年の重要な転機だったりね、
その後自身にとってかけがえのない月、日、時間になったりね、ならなかったり。
する、気がするのは、自分だけだろうか、なぁ。

みんなは今どうしてるかな。



じめじめした、この天然サウナな毎日はあとどれくらいで明けるのだろう。
明日にでも、明けないだろうかなんてひとりごちながら、冷たい麦茶を飲んでいます。


最近転職をした友人(ヒゲ)が、ひーひー言ってるらしい。
メシでも行こうか。また焼き肉でも行って、いつものニンニクのホイル焼きを無駄に食べて臭い口で、他愛もない話をしたら良いじゃない。
# by arittakewinds | 2011-06-12 13:30 | days
写真225
写真225_d0020491_1014196.jpg
高速の、パーキングだったかな
# by arittakewinds | 2011-05-15 10:14 | photo
メモ195
メモ195_d0020491_109496.jpg
星を追う子ども


観てきました。新宿はバルト9。といっても既に一週間が経ってしまいました。
公開2日目ということでしたが、レイトショーだったからか、さくっと入れました。
まず感想はというと、よかったです。
正直言うと、ほぼ期待していなかったため、その反動があった、というのが大きいかな。


この物語では、
主人公の女の子が過ごす普段の学校生活と
そこと対比させる放課後の生活が描かれていて。
母子家庭の子は苦労人で、ガリ勉で頭いい、といったことを感じさせるシークェンスがあるのだけれど、どうなんだろう、そういうイメージなのかしら、と思ったりしました。
この時代設定のときの、特徴なのかな。わからないけれど。
でも、そんなことは気にせず、放課後の自分の時間を楽しんでいる。
その演出がこれまた妄想に近い部分で、そうそう、なんて思っていました。



この映画は、表立ってアピールしている通り
「ジュブナイル」作品であることは確かで。
作者への共感・批判を含め、僕ら視聴者にも「ああこんな妄想とかね、したことあるよ」と思わさずにはいられない。そんな物語になっていて。

だからね、余計にみんな「ジブリっぽい」って、思っちゃったのかも。
だって、日本人のほぼ大半が、ジュブナイルアニメとして生まれてからずっとジブリを金字塔として観てきたのだから。
仕様がないんじゃないかな。

僕らが子どものころに想像、妄想してきた中に、
ジブリみたいなことって、絶対にあったと思う。
パズーとシータみたいに、飛行石で飛んでみたいと思ったこと。
ラピュタと一緒に、オームの群れに遭遇したらどうしようと思ったこと。
アシタカとサンと一緒に、あの森に迷い込んだらと思ったことは、あったかな。


他にも、人それぞれこれまで触れてきたジュブナイル、と呼ばれるものってあるはずだと思う。
きっと、この映画では、そんな中でも誰もがわかる、そんなエンターテインメントを見せたいといった想いがあったんじゃないかな。
もちろん、パクリだとかオマージュとかそういうことではなく、自分の表現の中で。
だからこそ、それらを想起させながらも、出会いと別れみたいな部分を強く出していこう、ってね。
そこが、この新海誠監督の常々の、テーマなのかなと思っていたので。



冒頭に、あまり期待していなかったと書いたのは、
私自身、予告編を前に見た時に「ただのジブリのパクリかもしれない」と思っていたから。
観始めた時はそんな疑念もあったけれど、観ていくうちに普通に話を追いかけていました。
少し、少しだけ詰め過ぎ感はあるけれど、ある種だからこそ観終わった時に、一緒に観た人と感想を言いやすい、そんな映画になっているんじゃないでしょうか。


上映は始まったばかり、上映館数はそこまで多くないですが、
美しい風景と、ジュブナイルをお好みの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
タグ:
# by arittakewinds | 2011-05-15 10:11 | memo