タグ:映画 ( 53 ) タグの人気記事
メモ169
d0020491_20585042.jpg
(500日)のサマー


昨日の夜、観てきました。渋谷シネクイント。
とても素敵な映画でした。
心をグッと鷲掴みにされるような、そんな映画。


空中キャンプさんも仰っていましたが、
おもいだすだけで胸を抉られるような記憶を、まるでかさぶたをはがすように、われわれは何度も反芻してしまう。 via 空中キャンプ
まさにそこだと思いました。この映画の魅力は。


人というものの記憶って、とても精密で、とても曖昧に出来ていて。
あの時食べたご飯は誰とどんなタイミングでどんな味だったのか、しっかりと覚えているのに
昨日の夜ご飯は食べたのかそれともジュースだけだったのかすら、覚えていないことがある。
しかもその時間軸は曖昧です。

一週間前に食べたイタリアンが忘れられなくてさっきはお腹がぐうぐう鳴っていたのに、
お昼ご飯に食べたコンビニパスタを思い出して食欲が削がれてしまう。その逆だって、ある。

私たちは、そういった色んな記憶と、経験の積み重ねで生きていて。
だから貴方も、貴女も魅力的に生きている。
そう思うんです。


だからなのか、そうなのか。
むしろ自分が言っていることが正しいかどうかも怪しいですが、
主人公のトムに自分を重ねながら観ていました。
もうね、泣くかと思った。

主人公のみっともなさ、格好悪さに共感しながら胸がキュッとなり、
ヒロインであるサマーのキュートさに心をグッと掴まれて。


他にもミュージカルのような演出や、
会社のみんなでカラオケに行ったときのシークェンスなど、
音楽をうまく使っていて、観ていて、聴いていてとても気持ちよかったのも覚えています。




もう一度。そうですね、もう一度観たいなと思いました。
まだ上映中、ですが上映館は少ないので、興味のある方はしっかりと調べた方が良いかと思います。
約90分と短尺なのであっという間に終わってしまいます。
さらりと抜けるように観ることのできる、素敵な映画でした。
[PR]
by arittakewinds | 2010-02-01 21:54 | memo
メモ167
d0020491_14225419.jpg
カールじいさんの空飛ぶ家


観てきました。
先日、日曜日かな。大学からの友人と。
PIXAR 最新作、新宿ピカデリーでの3D上映にて。
3Dすごいです、観ることができるならば、是非3Dで。


まず初めに、友人に見に行こうと誘われた時に、
この映画を観に行くという認識が全くありませんでした。

それはなぜか。
友人がずっと「 "UP"を観に行こう 」と言っていたから。
原題が「 UP 」なんですね、この映画。もっと違う映画だと思っていた。
何もわからず「いいよ観に行こう」と言ってしまう私も私でしたが。


邦題と原題が大きく違う印象の映画は、多分にあって、
毎回のことだけれど「原題の方がよかったよ」という声が聞こえてくる。
確かに今回のこの作品も、まさに昨今の邦題の付け方に準じている形で埋もれそうなタイトルではある。
けれど、わかりやすいことには変わりない。
まず、「カールじいさん」って、カールのおじさんを想像してしまいそうな日本人にはよかったんじゃないか。
それは違うか。



話がそれてしまったが、映画おもしろかったです。
ネタばれはよくないので、あまり話しませんが、冒頭の「追憶シーン」がとてもよかった。
もっともっと長くあの部分をとっても良かったんじゃないかと。
人の出会いと別れに尺を割くことは定石のようにも思えるが、ここでは旅先の冒険がメインだもの。
そういう意味で、なんだか少し新鮮な気分ではありました。

あとは、観た方ならばわかるかと思いますが、
途中途中に入るギャグは、世界共通なのだなぁ、と。
天丼形式で繰り広げられるギャグや、お決まりのパターン。
観ていて、あーやっぱりねあはは、といえるそんなシーンは、とても安心ができて、楽しめた。


以前どこかで書きましたが、
展開がある程度予想ができて、劇場内のみんなと気持ちを共有できる映画は
とても「エンターテイメント」的で素敵だなと思います。
よくある話だったね、と言われるきらいはありますが、でもだからこそ老若男女が楽しめると思います。
Disney、そしてPIXARの狙いはそこで十二分に果たされているんじゃないでしょうか。
とか、勝手なことを言ってますが、流してもらえれば、ね。



おそらくこれが今年映画館で観る映画の最後の1本でしょう。
今年何本映画を観たかわかりませんが、年々本数が減ってきているような気がしないでもないです。
それでも今年は「ディア・ドクター」や「エヴァ・破」、「サマーウォーズ」など素晴らしい作品にも出会えた素敵な年でした。
また来年も素敵な、気持ちをワクワクさせてくれる映画に出会えるといいなと思っています。

お勧め映画があれば是非ご一報ください。
機会があれば一緒に観に行きましょう。
[PR]
by arittakewinds | 2009-12-31 03:02 | memo
メモ166
d0020491_10234448.jpg
東のエデン劇場版I The King of Eden


見てきました。
ユナイテッドシネマ豊洲。
豊洲って、初めて降りたなー。クレーンがたくさんあって、次行くときはカメラ持っていこうと思った次第。

これはテレビアニメの続きを描いた映画です。
もともとテレビアニメ版のみでは完結せず、映画をその後2本上映することで完結させるというつくりのもの。
エヴァといいこれといい、そして「新たなカットを加えた」系のもの然り、最近は映画で2本立てなどで繋げるつくりが多いですね。
元々のファン層でないと入り込めないところではあるけれど、現在の市場で考えると、こういった手法の方がよいのでしょうか。
※あの「空の境界」に至っては、全7部構成で映画を上映し、それでもファン層のみはしっかりと見に来てましたしね。


中身に関して、とてもおもしろかったです。
まだまだ物語としては序章にすぎない。といったところで終わる。
見終わった瞬間は「え、もう終わり?まだこれからでしょ?」といったぐらい。
でも今回は、それでいいと思いました。
それがいい、と。

前述でもあるように、最近は一種の「焼き直し」とも思える作品が多く、
それらの楽しみ方は「どんな話が次あるのか!?」ではなく、「ここをこんな見せ方に変えたのか!」といった、楽しみ方になりつつあったから。
(そこにはそれなりの楽しみがあり、それを否定する気もないんです)
けれどこの作品は違う。
完結していない話の、その続きが、先にあることをしっかりと提示してくれている。
それだけで私たちは、次回までの3〜4ヶ月間を待つことができる。
連続ドラマなどと同じ感覚で。間隔で?


また、この作品内に決まって登場する「ノブレス・オブリージュ」という言葉。
ここには「持てるものの義務」という意味がある。
「やれる人間がやらない」自体が罪なのだというテーマがそこにあり、主人公たちはその言葉に動かされています。
僕らはどうだろう。私たちは、どうだろう。
いつも「やれることがある」のについないがしろにしてしまっていることは、あるのかもしれない。

僕らは、逃げるのか、それとも立ち向かうのか。
私たちの日常もそうですが、
この物語に現れるみんながそれぞれの「できること」を、
きっと次の完結編、「 劇場版Ⅱ Paradaise Lost 」で知ることに、観ることになるんだと思いました。


今回、ふとしたキッカケで13人で映画を観にいったんです。
新しい出会いがあり、今後も色々と話をしたい人が居て。
今後ほかの場でもご飯に行ったりしたいですね。
もちろん次回作も、みなさんで行けたらいいな。


興味のある方は、テレビ版のDVDも全巻すでにレンタルを開始しています。
11話までなのですぐに追いつけるはず。是非。
[PR]
by arittakewinds | 2009-12-06 11:01 | memo
メモ165
d0020491_9561748.jpg
マイケル・ジャクソン THIS IS IT


見終わった後も、曲が頭を離れなくて。
上映が終わった際に、誰かが発した拍手が周りに伝染し、
大きな拍手が、映画館というその劇場内に大きく起きた。
そんな会場にいられて、観ることができてよかった。
なんて、つくづく思えた。
まさにこれこそがエンターテイメント、ともいえるのだなぁ。


観てきました。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
これはドキュメンタリー映画です。

今は亡き彼のリハーサルと、その周りのメンバーたちを追ったドキュメンタリー。
そこに彼の、エンターテイナーとしての姿がありました。

この映画を観ようと行動に移った経緯は、
前日にとあるセミナー(?)に出た際に、そのスピーカーであった方が勧めてくれたことが大きい。
見た方が良い、そこに詰まっている、と。


詰まっていた、ように感じました。
その中でも、最もその詰まったのが、とある曲の合わせをしていた際に
彼が細かく指示だしをしていたところ。

メンバーの1人は
「彼はすべてを熟知している。そこから指示を出してくれることは、すごい動ける」(といったような内容だった気がする。ちょっとうろ覚え)
と言っていた。
完成した姿をしっかりとイメージしていて、その為の指示を出していける。
誰もが、何かをしていて「1人」では完成させることができなくて。
色々な、とても沢山の人の力を借りることで“何か”を完成させることができるのだと、今でも思います。
その中で、誰かが舵取りをしなければいけない。
「こういったものにするために、」といった、先が見えている人がいないと。
つい、「ここはあの人がどうにかしてくれるはずだから、他のことを考えよう」なんてこと、それでも思ってしまう時って、あったりして。あったりするんです。
でも彼は、最後までをしっかりと見据えていた。
彼は本当のエンターテイナーであり、監督でした。

私個人の現状にも、すごい勉強にもなったなぁ。
メンバーの動かし方もすごい。とても大事だし、最も疎かにできない部分。


正直な話をすれば、私はそこまでマイケル・ジャクソンに思い入れはなくて
彼はすごいアーティストの1人だった、ぐらいの認識だったんです。
でもほんと、最後に周りの人たちと一緒に拍手をした際に、感動している自分がいたんだなぁ。


もう叶うことのない夢だけれど、一度でいいから、
彼の歌う「 man in the mirror 」が聴きたかった。

上映期間が延長されて、まだ観ることができるようです。
興味のある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-22 12:09 | memo
メモ162
d0020491_82403.jpg
センコロール


これはアニメです。宇木敦哉 監督第一作目。
少し前に劇場公開されていたのですが、観に行けず、DVD化したものを購入しました。


普段DVD等のソフトものを購入しない私ですが、
この作品はちょっとどうしても観たくてこういった状況に至ってしまった。

なぜか。
この作品、30分満たない尺のものではあるものの、すべてを監督一人の手で作られている。
また、その線がとても美しい。

2年前、くらいかなぁ。
この作品のトレーラーをYou Tubeで観て以来、早く本編が出ないものかと待ち望んでいました。
たまに彼のブログをチェックしてみたり(全然更新されない)
その本編、というわけです。

一人で作ったとは思えないくらいの作り込みで、
かつ昨今のCGゴリゴリな感じとはまた違った印象(ちょっと手書き感があるというか、でもCG使ってるよねきっと)がまたよく、楽しく観ることができました。



でもきっと、背景などをしっかり知らずに買うとちょっと高いかも。
すぐ終わってしまうし、ね。

それでも、新しい作家が出たなー、と。
新海誠氏以来ではないでしょうか。こういう登場は。
今後期待したい、次回作はいつになるのか。
[PR]
by arittakewinds | 2009-11-01 07:58 | memo
メモ161
d0020491_0165799.jpg
空気人形


映画を観ました。日曜の初回上映、9:20から。
是枝裕和監督の最新作。


すごいよかったです。
よかった、という表現が必ずしも心がほっこりしたり、感動したりするものばかりではない、ということもまたあるのだけれど、まさにそういう類の、よかった、です。
「歩いても、歩いても」も傑作だなぁと思いましたが、こちらも十二分に。


これは寓話であり、ファンタジーであり、とても心が苦しくなる話でした。
ざっくりあらすじを話すと、とある空気人形(性的な用途の)が心を持ってしまい、そんな彼女が外に出て人と触れ合い、また孤独を知っていく。
そんなお話。

空気人形を演じるのはぺ・ドゥナ。
これがまた、とっても可愛らしい。動きからそのたどたどしく話すその仕草。
まさに女優といったその演技は一見の価値あり、ではないだろうか。
また、役柄的にも、そういった性的なシーンは都度あるのだが、そこまでいやらしくなく(モロに見えてはいるのだけれど)、それ以上に空気を口で入れるそのシーンが非常に目を見張るものであった事は言うまでもない。


「心を持ってしまったことは悪いことなのだろうか」

元々は心という、感情を持たなかった彼女は自身に問いかける。
私たちも、日々の中で「何も考えずにやりすごすことができたら」「こんな無駄な感情がなかったら」などといった気の迷いが起きることもあるかと思う。

けれど、そんなことはないと思う、んだよなぁ。
人は、心があって誰かとその機微を伝え合って生きていて。
もちろん、この映画に出てくるような「孤独」を抱えた人たちも沢山いる。
でもそれは誰かとの触れ合いを知っているからこその「孤独」だろう、きっと。
誰との触れ合いも知らない人こそが、空気人形なのかもしれない。
だから途中から、ぺ・ドゥナは「人」になったのかもしれない。

ベンチに座った老人が
「この街の大半はそんなやつらばかりだ」
といったような内容のことを言うが、
そんな彼らは何かしらで「満たされた」ことがあるからこそ、
「孤独」を感じているのだ。
心があるから。

観ていて、都度苦しくなる場面があったのだけれど、
その感想はこの映画を観た人と、その話題を交わす時にでもとっておこうと思う。

私たちは、十二分に素敵な世界を生きているのだなぁ、と思いながら。
[PR]
by arittakewinds | 2009-10-18 23:55 | memo
メモ157
d0020491_037841.jpg
サマーウォーズ / 監督:細田守


すごいよかったです。
これはアニメ映画です。監督は、「時をかける少女」の細田守さん。
先日のインタラ塾のストリーム中継も聞きましたが、ホント、外れませんでした。

この作品は、現実世界とインターネット世界を交互に行き来する世界観で、それが現実の今と照らし合わせて云々、みたいなことは置いておいて。



とっても「夏」な映画でした。
みなさんは、夏というと、何を思い出しますか。

この作品の中では、
蚊帳の中で寝る主人公の画や、
みんなで食べるそうめんや、
ついつい応援してしまう高校野球、
一面に咲く朝顔という朝顔(向日葵でなく、というのがまた)、などなど。
自身の子供の頃を思い出す様々なものが出てきて。

あーそういやおじいちゃんと一緒に、蚊帳の中で寝たなー。
とか、思い出しちゃったりしてたわけ。
あと夏ではないけれど、我が家は年末、母方の祖父母家で親戚集まって餅つきをするのだけれど、その時はこんな風に長いテーブルを並べてみんなで食べたなー。とか。ね。
色んなことを思い出すことができるんだなー、それがまたいい。


また、印象的だったのは、ヒロインである夏希が思いっきり泣くシーン。
「時をかける少女」の時も主人公の真琴を思いっきり泣かせていた監督は、こういった場面が好きなのかなぁ。
と、つい勘ぐってしまうぐらいの泣かせよう。
何かのスイッチをヒロインの涙とする、その定番といえば定番のその演出は、素敵です。



そう、友人の一人が、「予定調和な感じがしすぎたんだ」と言っていたのを、帰り道思い出していた。
そうかもしれない、と思いました。
それがいいんだ、とも思いました。
誰しもが楽しむことのできるエンターテイメント作品って、
「観ているみんなが、“次、こうなるかも”といった先読みを共有しながら一緒に進んでいける」ものだなぁとよく思うんです。つまりベタな展開がいい。
もちろん思いもがけない裏切りがある作品も面白いし、
詩的な何も起こらない作品の需要もあると思います。

でも昔、子供の頃に観た、ドラえもんの映画のような、最後には必ずハッピーエンドが待っているような、そんなベタベタな話も、アリですよね。


と、いいながら、この作品がありきたりなテーマで、ベタベタな作品かというと、
そんなことは全くないのですが、なんというのだろう。
最後の5分間かな、あのすべてが終わったあと。
あーいう展開になるってことが、底抜けによかったなーと思える、そんな気がするんです。


そんな、夏休みだから観てほしい映画。
時をかける少女同様、夏の空と入道雲がとても綺麗な、おすすめの1本です。
ほんと今回も、適当なことばっかり書いてしまった。オチとかないし。反省。。
[PR]
by arittakewinds | 2009-08-10 01:18 | memo
メモ156
d0020491_9323429.jpg
CLASKA × kino iglu 夏のルーフトップシネマ


先日、土曜日ですね。行ってきました。
CLASKAというリノベーションホテルにて行われたイベントです。
以前ランチ行きましたーなんてことを書いたこともあったかな。


昨年の夏から始まったこの企画、
平たく言うと、ホテルの屋上で、夜空の下ゆったりお酒を飲みながら映画を観よう。
といったもの。
今回が、開催2回目。

今年はあと、2回あるようです。
ですが上映作品などは未決定、みたい。


夏の夜空の下、
見上げれば星、目の前には8ミリ映画、手元にはビール。
いいじゃないですか、なかなか。たまには、ね。
今回の映画については、そうだなー。
やっぱり女優さんは美人な方が良いなぁ、ということ。
結構それに尽きる。感想としては。



会社の先輩と行ってきたのですが、
その日は少し風が強く、上映終了のタイミングではちょっと身体が冷えていました。
2回目あたりの時は、風がちょうど良いのではないでしょうか。



ルーフトップシネマとは違いますが、CLASKA内にあるレストランやショップも雰囲気がよくて素敵です。
そういう意味でも、興味あれば是非行ってみては?とオススメしてみたり。
[PR]
by arittakewinds | 2009-07-28 08:16 | memo
メモ153
d0020491_21114968.jpg
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


観てきました。ヒューマントラスト渋谷にて。
今日明日は、金曜ロードショー効果でどこも満席だった、のかな。
最初は新宿バルト9で観ようと思ったのだけれど、一般1人のチケットをとるにも昼間の時間は全て満席で、21時台まで待たねばいけなかったので、こちらで。

まず、すごい良かったです。
こんなにも、観ていて100分強の間ハラハラしたのは久しぶりでした。
また、劇場全体が、上映修了後 ものすごいテンションだったのも珍しく、驚いた。
これが映画の、制作者にとってぞわぞわするぐらいの状況なんだろうなぁ。
私ももし、誰かと観にいっていたら、即効で何かしら発していたと思う。


前作、「序」から約2年。
TV版の完全リメイクとして見せていたところから、大きく内容をジャンプさせた本作は、まさに「新作」でした。
というか、前作のテレビになぞったつくりは、ここで私達を驚かす複線だったのだなぁ。


今回、とても印象的だったのは2点あって、

1点目が、食事についてでした。
人は、誰かとの食事によってその相手との距離感を縮めたり広げたりすると思う。
いつか、内田樹氏も言っていたが、人は人と繋がる際、食事が物凄い重要なファクターとなるんですよ。
シンジの作る料理によって、レイが、そしてアスカも行動を起こす。
そしてそれは、コミュニケーションの準備であり、そこで傷つくことを恐れる彼らを象徴するように手には絆創膏が増えていきます。与えることを恐れながらも、与えるために傷つくことを恐れながらも、そこに向かっていく。
今回の「破」では、そんな「人との繋がり、コミュニケーション」があるように感じられた。
って、適当なこと言ってて、違うんじゃね?と思ってもいいや。
そう思ったんですよ。あとね、「あー、誰かとご飯食べたい」とも。



2点目は、主人公シンジの発言でした。
ネタバレになっちゃいますが、最後に彼は「来いっ!!!」と叫び手を伸ばします。
これまでのシンジだったらそんなことはきっとなかっただろうなー。
1点目とかぶりますが、「繋がり」を強く感じるシーンでした。
そして主人公がTV版から、10数年前から大きく変化していたシーンでした。
震えたよ、うおーつって。



他にも、戦闘シーンの充実、新キャラの登場、既存キャラの新しい展開、サービスシーンなどなど、もう最初から最後まで飽きることなく観続けることができる映画でした。



もっと大きなスクリーンでもう一度観てもいい。
もしまだ観ていなくて、1人じゃなーという人は誘ってください。一緒に行きましょう。
とても、よかったです。
[PR]
by arittakewinds | 2009-07-04 21:12 | memo
メモ152
d0020491_1505844.jpg
ディア・ドクター : 監督 西川美和


新宿 武蔵野館にて。
公開初日のレイトショー。ぎりぎりに入った形でしたが、普通に観れました。
みんな「エヴァ・波」に行ってるのか?


感想は、よかったです。
話は、いつか本か、ドラマかで読んだ、見たことあるかのような気がしないでもないもの。
ではあったんですが、違うものでもあって、やっぱり。
よかったです。

実は、この監督の作品で有名なほう(「ゆれる」)は観たことがなくて。
長編初監督だった「蛇イチゴ」は初日の舞台挨拶で観ていました。
あれも、よかったなー。


印象的だったのは、2つ。
おじいさんが喉にものを詰まらせて、やばい状況といったとき。
ネタばれになっちゃうので、そんなに書かないのだけれど、
誰しもが「口には出さないけれど、そういう場面って、きっとあるよね」みたいな「リアル、かもしれない」演出が印象的だった。
って、それって合ってるのかな。わからないなぁ。
まぁでも、そんな風に感じました。西川さんは、そういうの巧いなー、って。

あと、印象的だったのは、八千草薫と井川遥。
八千草さんは可愛らしく。
井川遥は綺麗でした。
どちらも別軸でよかった。あまり多く書くとなんも見てないことがバレてしまうので、ここまで。



次は、どんな題材で映画を撮るのか気になる監督、西川。
みたいに書くととんでもなく期待大って雰囲気ですが。
まぁほんとに、よかったです。
でもなんだか、オチはらしくないのかなぁ、と思ったのは、私だけ?


今日が公開初日。
まだまだ上映期間なので。
気になる方は、是非劇場へ。
[PR]
by arittakewinds | 2009-06-27 23:58 | memo