タグ:食事 ( 97 ) タグの人気記事
それでもおいしいご飯が食べたくて
d0020491_1645113.jpg
先ほど、大学時代の先輩が結婚披露宴を行うということで
本当に私なんかが出向いて良いのやらなんて気持ちのまま、出席してきました。
時間があったので一時帰宅して、これから二次会にも足を運んでくる予定。


とても素敵な結婚式でした。
というよりも素敵じゃなかった結婚式に出たことがない。

でもそれはきっと、
その当人たちへの想いがあるからこその気持ちなのではないのかな。
例えば、まったく会話もしたことのない、今日たまたま前を歩いていたから顔出しましたといった結婚式だったら、きっとこんな感動はなかったと思うんです。
彼らとの記憶が、想い出があるからこそ、そこから一歩飛び出す様を目の当たりにし、感動しちゃったりしちゃうんですよ、たぶん。なんてね。

だめだな、
今はちょっとお酒が入っていてまともなことを書くことができる気がしない。
いつもしっかりしたことなんて書くことができていないのだから、そんな前置きこそが蛇足なのだけれど。


にしても、こういった場での食事はとても美味しいですね。
この歳にもなると、年々結婚式という場にお声がけいただく機会が増えてくるのですがなんとも毎回趣向を凝らしたメニューで、そこも楽しみのひとつだったり。

今回の写真に載せている料理、
これは先日友人たちと行った赤坂離宮でのご飯なのですが、
これはこれで、やはり業界トップクラスのお店が出す料理、最高級の味でした。
舌がとろけるとはこのこと。

でもね、こういった高級料理とは、やっぱり披露宴での食事って違うんです。
主役が、違うんですよね。
旦那然とした男前の彼がいて、
美しい妻である彼女がいて、彼ら主役がいての、この料理。
美味くないわけがないんですよ。
それこそミシュランの5つ星レストランにも劣らないんだって。
そんな、お金を出すだけでは味わうことのできない料理は、素敵な料理なんだよなぁ。
これから何度、そんな"想い"を大事に食べることができるのでしょう。
できれば常に、そうでありたいです。


意味の分からないご飯の話になってしまいました。
本当に、龍一郎さん、悠さん、おめでとうございます。
今度、お時間ある時に、みんなでご飯に行きましょう。
その時は私のオススメのお店へご招待します。

というわけで、これから二次会へ馳せ参じてこようかな、と。
[PR]
by arittakewinds | 2010-09-05 16:47 | days
釣りしてBBQして、日焼けして
d0020491_2343719.jpg
この週末、会社の部署のみんなでバーベキューをしてきました。
新木場にある都立若洲海浜公園という場所で、総勢約30人。
とても楽しい場でした。

事前の仕込みやら当日の動きやら、
本当にみんながそれぞれすごい動いていて(動いてない人もいた?)、
チームワークというのは、こういった時にも非常に大切なものなのだと、なんとなく再認識。


炎天下の中、炭から発せられるその熱はものすごくて。
そしてそんな空間でみんなと乾杯したビールの美味いこと。ちょっとぬるかったけれど。


そう、そのバーベキュー前日、先輩たちと一緒に千葉は館山へアジ釣りに馳せ参じていました。
竿をブンっと振り、狙うは明日のおかずだと言わんばかりの男5人の勇姿は、バーベキュー当日の赤く焼けた日焼けの痕が物語っていたと言っても過言ではなかった。と思う。
結局70〜80匹は釣れ(そういうのを通称"爆釣(ばくちょう)"と言うらしい)、当日はアジの塩焼きにナメロウにととても美味しくて、よかったなぁ。
でも、日焼けでまっかっかの腕が、まだピリピリします。


夏の行事、といったことを今年は全然できていなかったので、とてもよかったなぁ。
行事ごとというのは昔から好きで大体参加したいので、何かあればお声がけください。

行事ごとといえば、近々大学の先輩やら会社の先輩、後輩の結婚式ラッシュが控えてる。
みんな両の手が痛くなるくらいおめでとうといって手を叩きたいね。手を叩きますよ。


陽も少し短くなってきた日曜日。
明日からまた一週間が始まりますね。
夏バテに気をつけて、頑張りましょうー。
[PR]
by arittakewinds | 2010-08-22 23:24 | days
8月8日
d0020491_13401159.jpg
もういつの間にか8月になっていて。
既に一週間が経とうとしていて。というか経ってしまって。
暑い毎日ですね。

私はというと、相も変わらずな感じ。
同じ部署の人たちの中で、サーフィンが流行っているようですが、
私はバスケだからと言ってから声すらかけてもらえません。淋しいです。
でもたぶん、声かけてもらっても行かないのだけれど。
そういう時、現代っ子というは我が儘だなぁ、なんて。思う。


こうやって休日に家でゆっくりPCに向かって日記を書いていられることは
とても有意義なことなのだけれど、買い物にも、出掛けたいですね。
本棚、欲しい。

そうだ、おいしいハンバーガーが、食べたいですよ。
近所のお店に、今夜は行こうかしら。
もちろん、アボカドを乗せたやつをオーダーしよう。
[PR]
by arittakewinds | 2010-08-08 13:44 | days
美味しいものを食べたい
d0020491_19142479.jpg
どんなものを食べた時に、「美味しい」と感じるの。
と、周りに聞いたらどんな答えが返ってくるだろう。

お寿司を食べたとき、焼肉を食べたとき、フランス料理を食べたとき、
いや、料理の種類じゃないかもしれない。
空腹の渦中で食べたとき、1ヵ月くらい待ち望んだものを食べたとき、
はたまた、特定の誰かが作ってくれたものを、食べたとき。
あなたはどんなときに「美味しい」と感じるの。感じたの。


ここ最近のことだけれど、
友人たちと「美味しいものを食べたいね」という話から
中国料理を研究しよう、だったり、
厳選された野菜を食べよう、だったりと
「食」にこだわりたい、そんなお年頃。

だって、もう齢も26だもの。
味の判る大人に、なりたいじゃない。
グルメな男の子ぶりたいじゃない。


とかなんとか言っていますが、
私のモットーは、「世の中基本美味しいものしかない」です。
昔、友人がそれに似たことを言っていて、共感してから自身にその軸を据えて生きています。

世の中にはね、
美味しいものと、
すごく美味しいものしか、ないんだよ。
稀に、ほんとごく稀に、食べることができるもの、があるくらい。
それだって、本当は美味しいんだよね。



どちらかといえば無口というか、感情が表に出にくい私だから、わからないかもしれないけれど。
いつもね、皆さんとご飯を食べているときは、いつも「美味しい」んです。

今日も、美味しいご飯が食べたいですね。
[PR]
by arittakewinds | 2010-06-18 19:28 | days
4月が終わる
d0020491_12452818.jpg
今日で4月が終わる。
とか書いて思ったのだけれど、今まで「今月が終わるな」なんてことを
このブログに残したことなんて、なかったかもしれない。
年末はね、ありましたよ。
むしろ毎年書いてる気がする。


でもなんでかなぁ。
去年の今頃は、何していたかな。
落ち込んでたような気がする。
何にって、そこは置いておいて。
そうだね、そんな感じだった。


今はどうだろう。
落ち込んではいない。だからといって晴れ晴れとしてるってこともないけれど。
でも、先を見ていきたい感はあるのだなぁ。
ああ、部屋の片付けしないと。

友人が今日、「ヒトは何かを思考する際、9割方「未来」か「過去」のことを考えている。「今」に目を向けろ」と言っていた。いいよね、それ。「今」に目を向けようよ。


だからかな、今、刻一刻と2010年の4月、その終わりに向かって、みんなが走っている。
今夜は、そんな今夜は友人たちとの久々の会合が。
その一人が所属するバンド名がとても素敵なの。
夜はこれから
そう、今夜23時から、みんなで飲んだりしましょうね。
夜はそこから始まるよね。
こんなお昼から、楽しみだね。


#追記 2010.05.02
「今」を見ることもとても大事なこと。
そして今日友人のブログで見たこの言葉もとても素敵で、大事なことのような気がしたのでメモしておく。
そういえば自動車教習所で手前ばっかり見ないで先を見たら自然とキレイに走れるよってアドバイスを思い出した。言われてやったら本当にそうだった。たぶん、そういうことなんだろう。
via.HereticalogueEVERY THINGS FOR EVER NOW
[PR]
by arittakewinds | 2010-04-30 12:48 | days
桜の木の下で
d0020491_21283936.jpg
先週末、お花見をしてきました。
代々木公園と、目黒川で。

昼間は同業の方々などなどと、仕事の話なんてまったくしないで食べて飲んで。
夜は飲み友達たちと、飲まずにお花見クルージング。
ちょっとしたお金で、目黒川をクルージングとか、できるんですね。
初めて知った。
世の中には、初めて知ることばかりで、私はまだまだ知ることができることがたくさん。

そう、とってもたくさんあるんだって、わかった気がした。
わかった気がした、ような気がしました。




今見返してみると、2005年の昨日、4月6日にこのブログが始まりました。

まる5年が経った。

毎日のようにここに向けてキーボードを叩いた時もあった。
月に本当に数回しか打ち込まない時もあった。
色々な毎日があって、まる5年、日数でいえば1800日以上もの期間。



まだまだ知らないことばかりだけれど、
もう少し続けていけるかなと、思っています。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by arittakewinds | 2010-04-07 21:35 | days
高い窓から見下ろして
d0020491_902798.jpg
数年ぶりに、都庁にのぼった。

以前のぼった時は、きっと、大学生の頃。
数人で近くの中華料理を食べに行き、その流れでのぼった。
なんてことを思い出しながら、都庁に、のぼりました。


あそこが我が家のあるところで、
あの奥に見えるのがランドマークで、
あの手前のは、何をするところだろう。


東京タワーは、思いのほか小さくて。
新宿のドコモタワーの方が大きいな、なんて。



そういえば、昔東京タワーでバイトをしていた親友は今何をしているだろう。
なんて、思っていました。

蝋人形館とかのバイトをするために、遠く橋本から通っていた彼は、今地元で働いている。
地元に帰った時に連絡をしようと思うけれど、正月の三が日ぐらいしか帰省しない私は、つい周りに連絡をしそびれて東京に戻ってきてしまう。

バイトの前日は、近いからという理由で我が家によく泊まっていた彼は、どうしてるかな。
たまにはメシでも行こう。そんな話をしながら、毎年が過ぎていっている。
家に帰るとメッセンジャーにいたりするのだけれど。
すぐに話しかけることができてしまう反面、そうそう話をふらない。そんな感じ。


次、都庁っていつのぼるかなぁ。
3人でその後お茶飲みながら、思ったりしたりしなかったり。
[PR]
by arittakewinds | 2010-02-23 08:36 | days
ご飯を3人で
d0020491_1334993.jpg
こいつの話は長いと彼がいう。
彼女は「つい言いたいことの経緯から何から何まで話してしまう」と。
以前は近所に住んでいた友人と、その相方と3人で久し振りにご飯を食べている時に、そんな話になった。


「だって、その時にいた人はどういう人で、私がその人のことどう思っているかまで知ってもらわないと、その時の流れが伝わらないでしょ」
わかるよ、と私はいう。わかるでしょ、と。


私も同じようなきらいがある。
と、自身を稀に振り返ると、感じずにはいられない。
だからこそ、彼女の話に「わかるよ」と相づちを打ったわけ。

つい言いたいことを全て言おうとしてしまうんだよね。
「今日食べたカレーが美味しかったよ」
その結果が伝われば、少なからず誰もが理解をしてくれるとは思う。
それでもつい、言いたくなってしまうことが沢山あるんだよね。
「今日食べたカレーなんだけど、お店が原宿にあって、そのお店がオーガニックな雰囲気のおしゃれなカフェで、木をふんだんに使った店内も素敵で、(省略)〜そこで食べたカレーが美味しかったよ」
その時見たこと、感じたこと全てを伝えたくなってしまうのだろう。
私と本当に同じであれば。


つい上の空になってしまうという友人は言う。
「それでとりあえず、はいはい頷いておくと、聞いてないでしょ、といったことになるんだよ。だから短くまとめてくれって言うんだ」

ごもっともな話だと思う。
その結果が伝われば、少なからず彼は理解をしてくれるとは思う。

「確かに短く話してくれるんだ。けど、ただ早口になるだけなんだよ」

内容量は変わらない。
ただ、"短く"話しただけ。

彼女にも異論はあるようで、彼にももちろん意見はあるようで。
笑いながら2人の話を聞いていました。
「どう思う?」と聞かれて、そりゃ確かに短くはなってるよね、と。

またご飯一緒に、行こうねと別れた後、
2人はその帰り道も、長くて短い話を繰り返していたのかなあなんて、
思いながら帰りました。
[PR]
by arittakewinds | 2010-01-17 01:37 | days
今年の話を洗い流して忘れよう
d0020491_215473.jpg
というわけで、仕事納めの28日、会社のみんなで忘年会。
場所はお台場、大江戸温泉物語。
初めて行きました。


とても、楽しかったです。
何がというと、最初に浴衣にならなければいけない点。
まずそういう縛りが入るってのが、いいですよね。
何事も、限定された範囲内で何をするかでよりおもしろさが大きくなることは、あると思う。

以前何かで読んだ佐藤雅彦さんの授業の話にも、すごい共感する。
確か何かお題の中で枠を限定した時としてない時では、
限定した時の方が、学生の出すアイディアがおもしろかった。みたいな。

それはとても日本人らしい結果である気がする。
でも日本人らしいから、とも思う。



つまり何が言いたいかというと、浴衣はいいよね。という話。


みんなでお酒を飲んで、ご飯を食べて、温泉に入って、また飲んで。
そんな身体の中から外まで水で流した忘年会。
本当に幹事、司会などなどを勤めてくれたみんなに感謝。そしてお疲れさま。

今年も、残すところあと少しですね。
忘年会続きで胃がひどいことになっている人もいるかも。
今日ぐらいは、労って。

来年も、みなさんどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by arittakewinds | 2009-12-31 02:19 | days
結婚をしたんだと
d0020491_13295433.jpg
やっぱり、その場を直に見ると、この人たちは結婚を公にしたんだと。
結婚をしたんだなー、と。


昨日は会社の同僚である1人の結婚式に。
式から呼んでいただいて、有り難いことです本当に。
本当に、お2人ともにおめでとう。

挨拶をしながら泣いてしまう本人を見て、
やっぱり私自身、昔よりも涙腺がゆるくなってきているななんて考えていた。
涙は流れていないけれど。


だからというとちょっと違うけれど、
式、披露宴、そして二次会、三次会と朝から晩まで飲みに飲んで、とても楽しくて、ちょっと飲み過ぎたくらいだった。


私は昔からどうしようもないくらい酔っぱらうということがほとんどなく、
「これは危ないな」といった状況になる前には、
頭の左上後ろあたりがちょっとズキズキしてくる。
そろそろ止めておかないと、明日お前やばいよ、と。
身体が、頭が教えてくれる。
とっても便利。

昨晩も、実は金曜の夜からほぼずっと飲んでいたようなもので
途中から危ないなーとか、ね。
4次会には参加せず、他数人と一緒に電車に乗っていたのだけれど、
1人になった瞬間自分で降りる駅を寝過ごしていた。
気づいた時はちょっと焦ったよね。危ないなー、なんて。


でもね、それぐらい、飲んじゃうぐらいだったんだよ。
飲んじゃうぐらい、おめでとうって思ってたんだよ。
って、誰に言ってるんだろ。

まあいいや。
今度は彼らの新居に鍋でもしにいきます。みんなで土鍋買っていくよ。
[PR]
by arittakewinds | 2009-12-13 13:31 | days